強敵の紫外線の季節に!日焼けしない食べ物を摂って内側からケアを!!

強敵の紫外線の季節に!日焼けしない食べ物を摂って内側からケアを!!

「紫外線はお肌の大敵」というのは、美容に関心のある女性なら周知の事実ですよね。紫外線をたくさん浴びると、シミやそばかすなどが増えるのはもちろん肌の老化現象を引き起こします。そこでここでは、とっておきの紫外線対策を紹介します。日焼けしない食べ物も紹介するので、ぜひ内側からもケアしてくださいね。

紫外線を浴び過ぎるとどうなるの??

肌の老化を招く!!

紫外線を浴び、日焼けをすると、美白命の女性の皆さんはご存知でしょうが、肌が赤くなってしまったり、シミ、そばかすが増え、肌たるみ老化してしやすくなってしまいます。

日焼けは、医学用語で「日光皮膚炎」と呼ばれ、いわゆる太陽光によるヤケドです。このことからも分かるように、日焼けはある意味で大きなケガと一緒なのです。

日焼け背中_s

日焼けをしないようにするには?

日焼け止めや美白化粧品を使う!!

春夏の日焼け対策として、日焼け止めをこまめに塗るというのも一つの対策方法です。

ただし、日焼け止めは丁寧に塗っても、時間が経つと効果がなくなってしまうこともあります。日焼け止めの効果を持続するには、できるだけこまめに塗り直すことが大切です。

また、美白化粧品を使うのも一つの手です。ただし、こればかりに頼るのは良くありません。美白化粧品には、限界があるというのを覚えておいてください。

4caae050d6dcaac16b8339d67fa93164_s 日焼け止め クリーム ファンデーション メイク 化粧

サンバイザーや日傘を使う!

日焼けを防止するには、サンバイザーや帽子、UVガードの手袋や日傘などを利用して物理的に防ぐのも一つの手です。

日差しが強い時に、外に出る時は、これらの対策をぜひ実行してみて下さいね。

9dcb07809eca55ff9710debc30c90c10_s sun サングラス ストール 帽子 日焼け止めグッズ

内側から日焼けしにくくする!

ここまでは、一般的な日焼けを防ぐ方法を紹介しましたが、実は、日焼けをしない食べ物というのが存在します。

ここからは、具体的に日焼けをしない食べ物を紹介するので、内側からぜひケアしてみてくださいね。

トマト!

トマト_s

トマトには、ビタミンCだけでなく、AやEも豊富で美白の効果がある食材として知られています。

トマトに含まれているリコピンは、肌の老化を抑える抗酸化力が豊富なので、日焼けしにくい体質を作ってくれます。

トマトは、低カロリーで高い効果をもたらしますので、ぜひ積極的に日々の食卓に取り入れましょう。

イチゴ!

6c9ea21dba934eeb54f9f27661e6f478_s苺 いちご イチゴ フルーツ 果物

イチゴは、レモンより多いビタミンCを含んでいて、日焼けしない食べ物として注目を集めています。紫外線に含まれるシミやたるみの原因となる活性酸素の働きを抑え、美肌へと導きますよ。

できれば、出かける前に朝食でイチゴを5,6粒食べるようにしましょう。もちろん、日焼け後に食べてもそれなりの効果はありますよ。

ニンジン!

carrots-673184_640 人参 緑黄色野菜 八百屋

ニンジンには、抗酸化作用はもちろん、ビタミンAが豊富に含まれていて、メラニン色素の発生の抑制やシミしわ予防、ニキビ予防などの効果が期待できます。

また、目の健康維持や細菌やウィルスから守る働きもあります。がんや動脈硬化を予防してくれる効果もあると言われていますよ。

日焼け予防以外にも、多くの効果が期待できる食材なので、積極的に取り入れましょうね。

アーモンド!

fb029a1abc154da3fffd7f0f86aba38f_s アーモンド ナッツ

アーモンドは、肌荒れ予防やコレステロール値を低下させる効果のあるビタミンEをたくさん含んでいて、日焼け予防に役立つ食品としても有名です。

アーモンドは、実際に食べている人と食べていない人と実験した結果が出ていて、食べていた人の方が日焼けをしなかったと報告されています。

他にも、脂肪燃焼効果や死亡吸収抑制の効果もあるようなので、女性は積極的に取り入れたいですよね。

PR