手軽にあこがれの白い歯に!自宅でできる歯のパックの方法について

手軽にあこがれの白い歯に!自宅でできる歯のパックの方法について

最近では白くて美しい歯になりたい!とあこがれる女性が増えてきています。自宅で手軽にできる歯のパックで、歯を白くすることができます。歯のパックの方法を知っておくことでお金をかけずに白い歯を手に入れることができます。

自宅でできる歯のパック!?歯を白くする方法について

歯を白くする方法について

最近では美しくきれいな歯にしたいという、歯の持つ美しさや見た目を気にする審美歯科も増えてきています。それだけ白い歯を手に入れたいという人が増えてきています。

一方でホワイトニングは歯科で行っても治療ではありませんので、健康保険の適用がきかず費用が掛かってしまいます。

しかし、自宅で歯をパックすることで歯を白くすることができるという夢のような方法があります。

それが、歯のパックです。歯のパックの方法について知っておくことで、手軽に白い歯を手に入れることができます。

歯を白くすることができる重曹の効能について

私たちの歯は、食べ物を食べたりコーヒーやワインなどの着色がつくものを口に入れたりすることで、汚れが付着して黄色っぽくなることがあります。

それらの汚れを除去することができるのが、重曹です。重曹は、クレンザーなどとして掃除にも使われます。その原理を応用して歯の表面に付着した色素を取り除くために使います。

重曹には研磨作用がありますので歯の表面に付着している着色汚れと結合しているタンパク質を加水分解し、研磨作用によって汚れをこすり落とします。

重曹を使う利点は、やはり安価で買うことができること、ベーキングパウダーのように食用にも使用されているため、無害なことです。

重曹を使った歯のパックの方法について

重曹を使った歯のパックの方法について

まず、歯に張り付けるパックを重曹で作ります。

大さじ1の重曹に水を数滴たらして、硬めのペースト状にします。なぜなら、歯を磨く際に唾液が出てきますので、硬めのほうがしっかりとパックできます。

そして重曹ペーストを指にとり、汚れている歯にこすりつけます。そのまま5分ほど放置する、これが歯のパックの方法です。

重曹であまりにも研磨しすぎると表面を傷つけますので、ソフトな歯ブラシで少しずつ丁寧に歯を磨きます。これは、やりすぎると歯を削ってしまうため1週間に2回を目安に行うといいでしょう。

重曹をしょっぱいと感じたり慣れなかったりしますが、徐々に慣れていきます。

重曹を使った歯のパックの注意事項について

たくさんの重曹が市販されていますが、まず食用のものを選ぶことです。掃除用は安全性が保障されていませんので飲み込んだ時に大変です。

次に、あまり力を入れて磨かないことです。重曹には研磨作用がありますが、やりすぎると歯のエナメル層まで傷つけてしまいます。

歯のパックが終わったらフッ素などでコーティングできるように、フッ素配合の歯磨き粉を選ぶとよいでしょう。

あまりやりすぎず、週2回程度、根気強く続けましょう。

重曹以外にも歯のパックをできる手軽な方法

重曹以外にも歯のパックをできる手軽な方法

自分で重曹ペーストを作ることに自信がなかったり時間がない人は、歯のパックが市販されていますのでそのような商品を使うのも有効です。

また、バナナやリンゴ、セロリなどの野菜やフルーツは、歯を白くする働きがあります。

特にバナナの皮には、歯を白くするカリウムやミネラルが豊富ですので、バナナの皮の内側、すなわち実がついている白いほうを歯にあてて、10分程度待ちましょう。そうすると少しずつ汚れが薄らいできます。

費用もほとんどかかりませんし、自宅でできる簡単な方法で歯を白くしてみましょう。

PR