美容効果が高いローズヒップオイルの使い方について

美容効果が高いローズヒップオイルの使い方について

野生のバラの実の種から採られる大変希少な美容オイルのローズヒップオイルを知っていますか?アンチエイジングや美白などの美肌効果があると言われていて、今巷で話題のオイルです。ローズヒップオイルの使い方を知って、美肌を手に入れてみませんか?

ローズヒップオイルの使い方と使用する順番を知ろう!

ローズヒップオイルの使い方と使用する順番を知ろう!

ローズヒップオイルの存在は知っていても、実際の使い方は知らないという方も多いと思います。
化粧水の後? それとも乳液の後? いや、すべてのスキンケアが終わったシメで使うのかも・・・なんて考えてしまいますよね。

ローズヒップオイルの使い方と使用する順番は、ご自身が使い心地の良いタイミングで大丈夫! ということです。美容液のように使われても良いですし、すべてのスキンケア後に使われてもかまいません。自分の好きなタイミングと言われても・・・という方は、化粧水や乳液の後に使われてみるのが良いかもしれません。または、寝る直前に使われるのも良いと思います。

ローズヒップオイルを掌に2,3滴たらし、指先で静かにマッサージしていきましょう。肌が特に疲れているなと感じたらクリームなどの製品の前に使用したり、マスクを使用した後にローズヒップオイルで肌を整えるのも、効果的なんですよ。

ローズヒップオイルは、眠っている間の肌の栄養補給に使えます。集中ナイトセラムのようです。

ちなみに、ローズヒップオイルはお顔だけでなく、体全身に使うことができます。なので、ご自身が日ごろお使いになっているボディーローションに2、3滴足して使用して、お顔だけでなく全身美肌になれること間違いなしですよ!!

ローズヒップオイルの成分は?

ローズヒップオイルの成分は?

ローズヒップオイルに使われているのは、きれいに咲く観賞用のバラではなく「野バラ」のことで、「ドックローズ」という種類の実の種から抽出されています。1キロのローズヒップの実から、わずか3グラムしか採取されない希少なもので、野バラから採れるオイルが狂犬病に効くと言われていたことから、ドッグローズと名付けられたそうです。

そして、このローズヒップの気になる成分は、非常に多くのビタミンCを含んでいます。なんとレモンの約20倍と言われているほど!ローズヒップオイルは、ビタミンCの爆弾と別名がついてしまうほどです。

その他にも、ポリフェノールの一種であるリコピンやβカロテン、ビタミンA、B群、E、カルシウム、鉄分などのビタミンやミネラルも豊富に含まれているんです。

余談ですが、ローズヒップティーの酸味はこのビタミンの爆弾のせいだったんですね。これだけたくさんのビタミンやミネラルが含まれているのは、女性にとってとてもうれしいことですね!

ローズヒップオイルを使うに当たり、気をつけなければならないことは?

ローズヒップオイルを使うに当たり、気をつけなければならないことは?

この、とっても優れたオイルを使い続けるのに、何か気をつけなければならないことがあるのでしょうか。
ローズヒップオイルを使用する際、100パーセントの天然成分のものを使用してください。肌に直接つけるものですから、不純物が入っていないものを選んでください。

天然成分のオイルですので、とてもデリケートです。酸化しやすく、商品劣化が非常に早いので開封したら1ヶ月から3ヶ月以内に使い切ることをおすすめします。この期間内なら安全に使用できるかと思います。酸化を防ぐために、空気に触れる度合いを出来るだけ減らすことを心がけ、密閉容器で冷蔵庫保存が1番いい保存方法のようです。

すぐのすぐに使い切れない場合は、酸化に強いと言われている、「ホホバオイル」を混ぜて使用するとオイルの寿命を延ばすことができるそう!もし、ブレンドして使用するときは、冷蔵庫で保存ではなく常温保存でも大丈夫だそうです。

長く保存がきくからと、ブレンドしたオイルを大量に作らずに、使う量を作り置きして常に新しい状態のものを使えるようにしていきましょう。

良いことがいっぱいのローズヒップオイルで、きれいな肌を手に入れませんか?

PR