一度はやってみたいフェイスリフトの効果とリスク・デメリット

一度はやってみたいフェイスリフトの効果とリスク・デメリット

たるみやしわが気になってきたら、フェイスリフトをしてみたいなと思うかもしれません。フェイスリフトには、さまざまな方法があります。こちらでは、一度はやってみたいフェイスリフトの効果とリスクやデメリットについていくつかご紹介します。

5858ba717223664a154baa6492abd234_s 女性 鏡 お肌 美容 にきび ニキビ

顔のたるみやしわが気になってきたら、なんとか持ちあがらないかな~と思いますよね。

そんな時にはフェイスリフトという方法があります。まずは、フェイスリフトの効果について見ていきましょう。

フェイスリフトの種類

メスを入れるフェイスリフトの手術

フェイスリフトとしては、オーソドックスなメスを使うという施術があります。たるみやしわを改善するのには、メスを入れるとかなり効果的です。

部位別では、おでこやこめかみ、ほっぺやあご、首があります。

ピンポイントでメスを入れる人もいれば、複数の部位を同時に手術する人もいます。顔の皮膚はつながっているため、複数個所にメスを入れた方が効果的な場合もあります。

加齢によりまぶたや鼻の下が垂れることもあります。この場合にもメスを使った手術が効果的です。

鼻の下の手術では、合わせて上唇を厚くしてぷっくらさせ、見た目年齢をより若く見せるという施術を好む人もいます。

韓国式の美容鍼

メスを入れるのが怖いという人には、韓国式の美容鍼という施術がおすすめです。こちらは、極細の溶ける糸を使って皮下組織を引き締める施術になります。

使用した糸は体内へ吸収されていくため、抜糸は不要でメスを入れることもありません。糸の周りでコラーゲンが作られて、肌にハリや弾力をもたらします。

施術直後は糸を入れたために赤い斑点のような跡が残りますが、数日経つと消えていきます。

溶けない糸を使った施術

woman-1494404_640 女性 顔 美容

溶けない糸を用いた施術もあります。ずっと残っているため、長期間の維持が可能です。方法は主に2つあります。

スプリングリフト

溶けない糸でかつ伸縮性のあるものを使ったスプリングリフトという方法があります。口周りなど、よく動かす部位に使われます。よく動かす部位に伸縮しない糸を施すと、緩みやすくなってしまうからです。

シルエットリフト

特殊な構造をもつ糸を用いたシルエットリフトという方法もあります。円錐形のコーンが付いていて、これに皮下組織をひっかけてたるみを改善します。

リフトアップや持続性に優れていて、糸が埋め込まれたことで傷を治癒しようとする反応が起こり、繊維芽細胞を刺激してコラーゲンやエラスチンの生成力を高めます。

レーザーなど照射系の施術

e04b163ea67d680e667a339700aafa01_s レーザー 美容 脱毛 エステ 機械 クリニック

レーザー治療もあります。肌を傷つけず深層部に働きかけるため、たるみを引き締めることができます。広範囲の施術が可能で顔全体の施術を一度で済ませられる点も特徴です。

ヒアルロン酸の注射

ピンポイントでフェイスリフトをしたい時に適している施術がヒアルロン酸の注射です。ほうれい線やこめかみ、頬などに使われます。

値段が手ごろで痛みもなく、ダウンタイムほぼゼロという点がメリットです。

フェイスリフトのリスクやデメリット

フェイスリフトのリスク

メスを入れるため、切った所が白っぽく残ることがあります。肌の色があまり白くない人はやや目立つかもしれません。

また、耳元を切る方法では、もみあげの位置が変わったり、薄くなったりすることがあります。

韓国式の美容鍼のデメリット

術後、それほど目立ちませんが、やや腫れることがあります。メイクでカバーできる程度なので、外出には問題ないと思います。

ただ、マッサージはよくありません。エステサロンで小顔マッサージを受けるなどは控えた方が良いでしょう。

溶けない糸を使った施術のリスク

溶けない糸は、上手くいった時にはコスパが高いと言えますが、失敗した時には抜糸をしないといけません。施術の状態や糸の形状によっては抜糸できないというリスクもあります。

レーザーなど照射系の施術のリスク

術後、赤くなったり腫れたりすることがあります。ごく稀ですが、中には水ぶくれになったり軽いやけどのような状態になったりする人もいます。改善するまで対応してくれるクリニックがおすすめです。

フェイスリフトの効果とリスク・デメリットについてご紹介しました。方法はいくつかあるため、コスパやリスクを十分に考慮して選んでください。

PR