朝からだるい・・・朝のだるさを改善して「やる気スイッチ」を入れる方法

朝からだるい・・・朝のだるさを改善して「やる気スイッチ」を入れる方法

朝起きて体がだるいのは精神だらけているから! と先人は必ずそう言います。しかし、実は朝からだるいのは精神論だけで解決できるものだけではないかもしれません。体がしっかりせずだるいのは、どんな理由があるんでしょうか?

前の日の疲れが残って朝からだるい・・・やる気を出すには?

「朝が弱いんです・・・」「低血圧だから・・・」と言う人多いですよね。

朝からスッキリパワフルに動ける人ってなかなか、少ないのではないでしょうか? 朝のダルさを改善する方法を考えてみました。

朝がなかなか起きられない原因

朝がなかなか起きられない原因

毎朝ちゃんと時間に起きて完璧な用意をして玄関を出る・・・簡単な事のようでいて思うようにはなかなかいかないものですよね。

朝スッキリしないのはどんな理由があるのでしょうか?

寝不足・・・質のよい睡眠の確保

現代人は、ライフスタイルの変化で昔に比べて多忙な毎日を過ごしています。夜も、遅くなりがちで睡眠時間が少ない人も多いでしょう。

この睡眠不足も、朝からだるい原因の一つです。ご存知の通り、睡眠は体を回復させるためには欠かせません。朝、体をすっきり目覚めさせるためには、睡眠時間の確保はマストです。

寝不足・・・質のよい睡眠の確保

疲れが溜まっている・・・疲労回復は1日にしてならず!

疲れが溜まり過ぎるとなかなか目覚めるのは辛いですし、動きたくないなぁ・・・と感じるものです。

溜まりすぎた疲労は、なかなか回復しません。そうなる前に、早めにケアしたいですね。

ストレス・・・溜め込まないことが大切

別に身体は疲れていないけど頭が「重だるい」のは、ストレスが考えられます。

仕事に行きたくない、憂鬱・・・など、精神的にストレスがかかると、体にもその兆候が現れます。

寝すぎ

明日は休みだし今日は、ゆっくり寝るぞ・・・と気合を入れて眠るのはいいけれど、次の日体がだるくて頭がはっきりしないなんて経験ありませんか?

睡眠時間は長くても短くても後々体調に響くものです。適度な睡眠時間で寝すぎないことも大切です。

ちなみに、睡眠時間が短すぎる人よりも長すぎる人の方が死亡率が高いそう。寝すぎは体にも毒なんですね。

寝すぎ

朝の目覚めをすっきり爽やかに迎えるために心がけたい習慣

すっきりとした朝のためには心がけたいことがいくつかあります。

ここにあげること全てをいきなり実践する事は難しいでしょうが、今日から1つでも始めてみてください。1ヵ月後には随分変化しているはずですよ。

体内時計を整える

狂った体内時計ではすっきりとした朝はなかなかむかえることはできません。

体内時計とは、1日周期で人間に備わっている、生体リズムを調整する大切な機能で、夜になると眠り、昼活動するろいうことを意識せずとも切り替える働きをしています。

体内時計を整えるには朝日を浴びるのが一番! 体内時計を整える事がすっきりとした目覚めの第一歩です。

決まった時間に起床する

起床時間と就寝時間をいつも同じにすることってイコール生活のリズムを整えることですが、これがなかなかできそうでできないんですよね。

人は前日に起きた1時間前から脳が目覚める準備をはじめます。毎日同じ時間に起きる事で、自然に目覚める準備ができ、ムリに目覚める事がなく起床時の体のだるさも最初は無理やりでも徐々に改善していくはずです。

熱めのシャワーを浴びる

熱めのシャワーを浴びる事によって、自律神経のスイッチを活動状態にする交感神経に切り替えすっきりと目覚める事ができます。

原因がわかれば対処することでずっとラクになるかもしれません

低血圧であるとか、貧血であるとか、はたまた寝不足だとか・・・朝起きられない理由は色々ですが、他人から見たらなまけているように見られてしまいがちです。

しかし、原因がわかれば対処することでずっとラクになるかもしれません。見直すところは見直して少しでも快適な朝を迎える努力、してみませんか?

PR