アンチエイジング効果や良質な睡眠を得られるメラトニンを増やす方法とは

アンチエイジング効果や良質な睡眠を得られるメラトニンを増やす方法とは

メラトニンを増やすことによって、アンチエイジング効果や質の高い睡眠を得ることが出来ます。メラトニンを増やすには、昼間陽の光に当たることや起床時間、就寝時間はなるべく一定に保つようにしましょう。また夜はブルーライトなどの人工の光を見ないようにしましょう。

メラトニンを増やすにはどうしたらいいの?

メラトニンとは一体何?

メラトニンとは一体何?

メラトニンとは、脳の松果体から分泌される物質のことです。

このメラトニンの役目は、夜間、人の体温を下げ自律神経の副交感神経部分に働きかけます。そのため、人は夜になると自然にリラックスモードに入り、眠たくなってくるのです。

人が夜眠り、朝目覚めるのは、メラトニンという物質が分泌され続けているからなのです。

しかし、年齢とともにメラトニンの分泌量が低下していくため、高齢者になるほど眠りが浅くなり、十分な睡眠を取ることができなくなってしまいます。

メラトニンは眠りを誘うだけではありません

メラトニンは眠りを誘うだけではありません

メラトニンは睡眠に必要不可欠な物質でもあるのですが、ただ単に眠りを誘うだけではありません。

メラトニンの分泌が正常に行われていると、抗酸化作用があるため、細胞がサビつくのを抑えてくれる働きがあります。そのため、夜しっかり睡眠を取ることによって、細胞の一つ一つがサビつかずに済むのです。

老化防止作用があるので、健康の維持や肌の若返りにも効果があります。

メラトニンが不足するとこんなことに!

不眠の原因に!

不眠の原因に!

メラトニンが不足してしまうと夜ベッドに入ってもなかなか眠れなくなってしまいます。夜間十分な睡眠を取れないことによって、昼間の活動にも影響が出来てきてしまうことでしょう。

体調不良を招く原因となってしまうため、成人病になってしまったり、精神的にも不安定な状態になってしまいます。

メラトニンを増やす方法とは

朝日をしっかり浴びましょう

朝日をしっかり浴びましょう

メラトニンを増やすには、朝、陽の光をしっかり浴びることが大切です。

メラトニンは、朝目覚めてから約14時間から16時間後に分泌が始まります。朝7時に毎日起きる方であれば、14時間後の夜9時には、自然に眠たくなってきます。

なるべく同じ時間に起床し、同じ時間に就寝するようになれば体内時計もきちんと働くようになるので、メラトニンを毎日しっかり分泌させることができます。

メラトニンを増やす方法は、朝日をしっかり浴び、規則正しい生活をすることが大切なのです。

就寝前はブルーライトを浴びないこと

就寝前はブルーライトを浴びないこと

寝る前には、なるべくパソコンやスマホ、テレビなどを見ないようにしましょう。液晶画面からブルーライトの光が出ているため、この光を浴びることによって自律神経が乱れやすくなります。

自律神経が乱れることによって、メラトニンの分泌量も低下してしまうため、夜、眠れなくなってしまいます。

また脳も興奮状態になってしまうため、脳が休息出来ずに眠れなくなってしまい、ますますメラトニンが分泌されにくくなってしまいます。

メラトニンを増やす方法は昼間の軽い運動

メラトニンを増やす方法は昼間の軽い運動

メラトニンを増やす方法の一つとして是非、実行して欲しいのが、昼間の軽い運動です。

近所を散歩したり、通勤時に歩くだけで、一定のリズムの運動になるため、メラトニンを分泌させやすくなります。

食事にも工夫を!

食事にも工夫を!

食べ物にもメラトニンを増やす効果があります。青汁やトウモロコシの中に含まれているケールという物質は、メラトニンを増やしてくれる効果があります。

ケールの他にもトリプトファンを含む食品を取るとよいでしょう。トリプトファンは肉や魚、大豆、乳製品、ゴマに含まれています。

PR