軽視してはいけない!男性恐怖症の症状や改善方法について!

軽視してはいけない!男性恐怖症の症状や改善方法について!

高所恐怖症や閉所恐怖症など、誰にでも何かしら恐怖を抱いているものがあると思います。その中の一つに男性恐怖症というものがあります。好き嫌いの問題だと軽視されがちな男性恐怖症ですが、とても辛いものなのです。男性恐怖症の症状や克服していくためにできる改善方法などについてもまとめてみました!

男性恐怖症の症状はとても辛い・・

男性恐怖症は辛い症状です

男性恐怖症というものを聞いたことはありますか?

高所恐怖症や先端恐怖症、閉所恐怖症などと同じある特定のものに恐怖を抱くという恐怖症の一種です。しかし、この男性恐怖症は女性の社会進出が進んでいる今深刻な問題を引き起こしています。

どの職場にも必ず男性はいますよね。重度の男性恐怖症の場合、男性がいることによって働けないという社会的な問題が生じてしまうのです。男性恐怖症の方にしかわからない辛さがあるのです。

男性恐怖症が対人恐怖症の一種らしい!

男性恐怖症は対人恐怖症の一つに含まれるものです。

男性関係に関する何かトラウマ的な出来事などが原因となって、男性が近くにいるだけで精神的にも身体的にも症状が現れてしまうというものです。

これは、男性恐怖症じゃない女性からしたら、ただの好き嫌いの問題だと考えると思いますが、治療が必要なくらい重傷な方もおり、深刻な症状が出てしまうこともあります。

あなたは当てはまる?男性恐怖症チェック

悩む女性

あなたはいくつ当てはまりますか?

【1】男性的な体型やしぐさを不快に思う

【2】男性が側にいると緊張する

【3】男性と2人きりでいると気分が悪くなる

【4】男性と2人きりでいるとめまいや動悸がする

【5】男性が側にいると普段通りに思考ができない

【6】男性が側にいると普段通りに話ができない

6つの項目の内、4つ以上に当てはまる場合は、男性恐怖症の可能性が高いでしょう。

もちろん、恐怖や嫌悪を感じるといってもその程度は様々ですが、人類のおよそ半分は男性なのです。高所恐怖症は高いところを避けて過ごすことは可能ですが、男性とまったく接することなく過ごすことは大変なことです。

どんな症状が現れるの??

男性恐怖症の症状は赤面などだけでなくパニックなども

一番多いのが赤面や動機などの症状です。

一見照れているだけなのかと思い、男性にはかわいく見えてしまう症状ですが、本人は恥ずかしさと焦りでとても辛い状況です。特に赤面は隠すことができないので、どうしたらよいのかパニックになりがちです。

男性が自分に向かって歩いて来る際に動悸を感じる人も多く、強い恐怖を感じます。動悸が悪化すると過呼吸になることもあるので、注意が必要になってきます。すぐに落ち着ける場所に避難するという対策が必要になります。

男性恐怖症を克服するためにできることとは?

男性ばかりの社会で生きていくためには、男性恐怖症を克服しなければなりません。

びくびく毎日おびえて過ごす生活から抜け出して、楽しく伸び伸びと過ごせるようになるために頑張ってみることが大切です。

画面越しの会話をしてみる

直接でない男性とのコミュニケーションから

今インターネットでテレビ電話などが使えますよね。まず初めの段階としては、こうしたテレビ電話などを使って会話をしてみると、男性とのコミュニケーションに免疫がつけられます。

いきなり対面して話すというのはハードルが高いので、ネット上でというのがポイントです。男性は遠く離れたところにいるので近づかれる心配はなく、そこまで強い恐怖心を感じることなく会話ができるのではないかと思います。

話し相手ですが、ストーカーなどになられないように、信頼できる相手を選んで会話をするようにしてくださいね!

重症の場合はカウンセリングを受けてみるといいかも!

カウンセリングを受けるのも良い方法です

あまりにも重傷な男性恐怖症の場合には、心の専門家のところで話を聞いてもらうのもいいかもしれません。

なぜ男性が怖いのか、恐怖心が現れた時にどのように対処したらよいのかなど自分でも知らなかった自分の心の中をのぞけるチャンスかもしれません。

まずはとにかく男性が怖くなってしまった原因と探り、そこから対処をしていくということが重要です。

克服は自分ペースで行う!

恐怖症というのは、すぐに克服できるものではありません。克服するまでにたくさんの辛いことを経験します。

症状の程度は人それぞれで、他人のペースに合わせて治療するというものではありません。自分のペースで、ゆっくり治せるところから改善していくということが大切です。

PR