現代人に起こりがちなガス太りの改善をするにはどうしたらよいの?

現代人に起こりがちなガス太りの改善をするにはどうしたらよいの?

ガス太りとは、腸のはたらきがあまりよくなく、お腹にガスが溜まってしまうことです。そのようなガス太りはなぜ起こるのか、ガス太りの改善をするにはどうしたらよいのかを知っておくことで健康な体の状態を維持できます。

現代人に多いガス太りって何?どのようにすればいいの?

bsN112_hooduewotukujyosei 頬杖をついて悩む女性 

ガス太りというのは、何らかの理由で腸内環境が悪化しており、お腹にガスが溜まってしまう状態です。そのため、お腹が張りやすく、ダイエットしても痩せられません。

それだけでなく、ひどい人はお腹の張りとともに痛みも感じてしまいます。便秘になる人も多く、代謝能力が弱まっています。

そのためには腸を活発にしたり腸内環境を正常化することが必要です。

しっかりと運動をしたりマッサージをしたり、腸に良い食べ物を食べたり、ガスのたまりやすい食べ物を避けることが改善につながります。

ガス太りの状態でダイエットをするのは、よけい悪くなるので要注意です

190167_sjpg 腸のイラスト 内臓 大腸 小腸

下腹のポッコリが気になる・・・そんな時に一生懸命痩せようとして、脂質や糖質を控えるダイエットをする人が多くいます。

そうすると、排せつに必要な栄養素が十分に生成されず、余計代謝が悪くなったり便秘が悪化したりします。ダイエットをしても効果が出ません。

ですので、下腹部のポッコリが気になる場合は、便の状態やガスの出方、臭いなどが通常と違わないか注意してみることが必要です。

そして、ガス太りだった場合は、ダイエットではなくまずガス太りの改善を考えます。

ガス太りの改善にはまず原因を知ることです。

食べ物の消化に対してエネルギーを必要とした場合やストレスにさらされた場合など、腸内にガスがたまりやすくなるガス太りになることがあります。

食事を食べる際に空気を飲みこんでしまうと、腸に入ってガスになることがあります。

ガスはおならとして排出されているのでは?と思うかもしれませんが、実はおならやげっぷで排出されるガスは10パーセントくらいです。残り90パーセントは血液とともに体内に入って、呼吸で排出されたりします。

ですが、発生するガスの量に対して排出するガスの量が少なければ、ガス太りという状態になってしまいます。

ガス太りを改善するには、腸内環境を良くすることが必要です。

腸内環境を良くするためには、ガスを貯めやすい食べ物を避けることです。

炭水化物やタンパク質ばかり取って、ビタミンやミネラル、食物繊維が取れていないと腸内環境が乱れてしまいます。

ガスを貯めやすい炭酸水などは避け、肉類やジャンクフードばかり食べないように注意します。

食べ方も改善します。よく噛んで食べることで余分な空気を飲みこむことを防ぎますので、よく噛んで食べることが必要です。

寝る前は消化しにくいため、三食時間を決めて寝る前に一気に食べることがないようにします。

生活習慣を変えたり、運動したりします。

adb1ae375143d475709b2bee5836197c_s ストレッチ 運動 エクササイズ 伸び リラックス

ガス太りになる人は、運動不足や生活習慣の偏りがみられる場合が数多くあります。

腸を良く動かすには運動が必要不可欠です。ストレッチやお腹をグルグルとしてマッサージをすることで良くなります。

そして、ヨガなども有効です。特に体力も必要もなく、狭い場所でもできるからです。身体を伸ばしたりすることで腸も柔らかく活発にすることができます。

身体を冷やしすぎるのもガス太りの原因になります。たとえ夏であっても冷たいものばかり食べたり飲んだりせず、温かいものを取ったり、ショウガなど身体を温める食べ物を摂取すると良いです。

運動をしたり食生活を改善することで、ガス太りを改善し、健康へとつなげます。

PR