肌がザラザラになる原因は?ザラザラ肌の対処法

肌がザラザラになる原因は?ザラザラ肌の対処法

肌がザラザラになっていると、メイクのノリが悪くなるのでなんとかしたいと思いますよね。肌がザラザラしているのは、古い角質が残っているからです。古い角質が残っていると、化粧水がしっかりと肌に浸透しません。肌がザラザラになった時の対処法を勉強しましょう。

肌がザラザラになる原因と対処法

肌がザラザラになるとメイクのノリが悪くなりますよね。肌のザラザラを改善する方法や肌のザラザラの原因について勉強しましょう。

肌がザラザラになるのはどうして?

肌がザラザラになるのはどうして?

肌がザラザラになってしまうのは、古い角質が肌に残っていることが考えられます。

ではなぜ、古い角質が残ってしまうのでしょうか? それは、肌のターンオーバーのサイクルが正常でなくなっているからです。

ターンオーバーが乱れてしまう原因として、メイクを落とさずに寝てしまったり、夜更かしをしすぎる生活が続いてしまったり、食べ物やストレスなど、多岐に渡ります。

また、肌がザラザラになってしまうのは、間違ったケアをしているということもあります。

肌がザラザラになる原因と対処法

肌がザラザラになる原因と対処法

肌がザラザラになってしまった場合の原因と対処法をご紹介します。

【洗顔のしすぎで肌がザラザラ】

肌を強くゴシゴシと洗ってしまったり、肌の油分を落としすぎてしまったら、肌がザラザラになってしまいます。

肌の汚れが気になるからと言って、週に1回以上ピーリングをしたり、何度も洗顔フォームを使って洗ってしまうと肌がザラザラになります。

《対処法》
洗顔をするときは、洗顔フォームをしっかりと泡立て、泡でやさしく肌を包み込むようにして洗うようにしましょう。また、ピーリングは週に1回程度に留めておくことが大切です。

【ターンオーバーの乱れで肌がザラザラ】

正常な肌であれば、およそ28日程度で肌が生まれ変わります。このターンオーバーの期間がくるってしまう原因として、ストレスや睡眠不足、紫外線などがあります。

《対処法》
肌が生まれ変わるというお肌のゴールデンタイムは、22時から2時の間です。この時間に、しっかりと睡眠をとることができているでしょうか?
深く眠りにつくために22時前には寝たいところです。朝型の生活に変えて、夜はしっかりと睡眠をとりましょう。

【スキンケアができておらず肌がザラザラ】

毎日の洗顔後には化粧水と保湿クリームで肌のケアをしているでしょうか?

洗顔後に何もつけていなかったり、メイクをしっかりと落とすことなく寝てしまうことはありませんか?

間違ったスキンケアをしていては、肌がザラザラになってしまいます。

《対処法》
メイク落としを使ってしっかりとメイクをオフしてから保湿をすることが大切です。化粧水、保湿クリームを使って肌の生まれ変わりを正常にしましょう。
肌が乾燥しているなと感じたら、化粧水をつけた後、化粧水が乾いてから再度つけるというような、重ね付けをして保水することが大切です。

肌の乾燥に注意!

肌の乾燥に注意!

肌がザラザラになってしまう原因の1つに乾燥があります。

洗顔やピーリングのやりすぎや、冷暖房の効きすぎた部屋に長時間いたりすると、肌の表面の皮脂がはがれおちてしまい、新しい細胞を作ろうとターンオーバーが早まってしまいます。

そうなると、まだしっかりと整っていない細胞が、肌の表面に出てきてしまいます。肌を守る機能が低下しているため、肌が乾燥しザラザラになってしまいます。

こんな状態の時に過剰な洗顔は厳禁! やさしい泡でふんわりと洗って、保湿をすることがキーポイントとなります。泡の洗顔も長時間洗わず、しっかりと水ですすぎましょう。

PR