乾燥性敏感肌は冬じゃなくてもケアが大切!乾燥性敏感肌の対策について

乾燥性敏感肌は冬じゃなくてもケアが大切!乾燥性敏感肌の対策について

肌のタイプが乾燥肌の場合、さらに乾燥が酷いと乾燥性敏感肌という症状になります。つまり、肌が乾燥してしまうことによって、保護成分が失ってしまうために肌のトラブルになってしまうのです。ですから、そういった症状が発生する前に出来る限りケアしたいもの。そこで、乾燥性敏感肌の対策についてまとめました。

乾燥性敏感肌とは?どういった肌を言うの?

乾燥性敏感肌とは?どういった肌を言うの?

乾燥肌は、通常よりも肌の水分が失われている状態を言います。

この乾燥している肌に対して、さらに乾燥が酷いことによって肌を保護する成分が失われ、多少のダメージを受けるだけで肌が荒れてしまうことを乾燥性敏感肌と言います。

つまり、乾燥肌が悪化すると乾燥性敏感肌になってまいます。

また、乾燥性敏感肌の対策をきちんとしないと、さらに肌のトラブルが増え、絶えず肌トラブルがつきものになってしまうのです。

乾燥性敏感肌になると負のルーチンが待ってる!?

乾燥性敏感肌になると負のルーチンが待ってる!?

乾燥性敏感肌となると、アトピーのように痒みを伴う場合もあります。

こういったときに、痒いからといって掻いてしまうと、さらに肌が荒れてしまいます。そして、荒れた肌はさらに紫外線や空気などに触れることによって、痒みを増してしまいます。

乾燥性敏感肌になってしまうと、それ以上に悪循環になってしまう可能性があります。だからこそ、早めにケアをすることが大切なのです。

乾燥性敏感肌に対してどういった方法を取ればよい?

乾燥性敏感肌に対してどういった方法を取ればよい?

乾燥性敏感肌になってしまうと、肌のトラブルが多くなってしまいます。

ですから、乾燥性敏感肌に対して、きちんとしたケアをしていかなくてはいけません。どういったケアが必要なのでしょうか。

とにかく乾燥を防ぐ!

乾燥性敏感肌においては、当然のことながら乾燥を防ぐことに限ります。

おうちの中にいるのであれば、家の中を加湿するように心掛ける、エアコンやクーラーなどに長い間当たっていないようにするなどの心掛けは必要になるでしょう。

紫外線や洗顔方法なども乾燥を助長させてしまうことになりますので、そういった部分についてきちんとした理解を深める必要もあります。

さらに保湿を心掛けける

失った水分を取り戻すのも難しいですが、今ある水分を逃がすようにすることも良くありません。

また、保湿効果があると言われているスキンケアを行うようにすることも大切です。

保湿効果の高いスキンケア商品を使うのも、もちろん大切になりますが、いったんレンジ等で化粧水を温めるレンチン化粧水などは、保湿効果が高いと言われているスキンケア方法です。

今あるものでも、工夫次第では保湿を高めることが出来るものもあります。

肌のトラブルの原因を防ぐ!

乾燥性敏感肌の場合には、乾燥によって肌の保護をしてる保護膜が薄くなってしまい、肌に対してのストレスを直に受けやすくなってしまいます。

ですから、普段使っている少し強めの化粧水などに対しては、いつも以上にピリピリしてしまう、刺激を受けてしまい、痒みを生じさせてしまうという可能性もあります。

痒みを伴うと掻いてしまい、さらにその部分にトラブルを生じてしまうという負のルーチンに陥ってしまう可能性もあります。

普段の食事や生活習慣は関係があるの?

乾燥に関しては、普段の生活のリズム、食事の栄養バランス、そしてストレスなどによっても関係があります。

それは、肌の調子を司るホルモンにも影響があるからです。ホルモンバランスが悪ければ、その分肌のトラブルを生じさせてしまいます。

乾燥性敏感肌になってしまったら?

敏感肌用のスキンケア用品に切り替えましょう。

メイクは出来ればしない方が肌に負担がかからないのですが、やむを得ずしなければならない場合は、敏感肌用のファンデーションにするとよいでしょう。帰宅後は、すぐにメイクを落とし、化粧水と乳液でお手入れをしておきましょう。

洗顔をするときは、肌をゴシゴシと擦らないようにしましょう。敏感肌用の石鹸を泡立てネットでしっかりと泡立てて、やさしく泡で汚れを落とすようにして、顔を洗うようにするとよいでしょう。

入浴するときは、熱いお風呂や長時間のお風呂は肌から水分を奪うことになるため、注意しましょう。

また洗髪をした際には、シャンプーやリンスの洗い残しが肌に残ってしまう場合があります。首筋や背中に液が残ってしまうことがあるため、それが刺激となり症状を悪化させてしまうこともあります。洗髪後は、背中や首筋、顔も綺麗にお湯で流しておきましょう。

肌のバリア機能を高めていくためには、栄養バランスの整った食事を三食しっかり摂ることや、睡眠をしっかり取ることも大切です。

PR