体にとって良いことばかり!フラックスシードオイルの取り入れ方について

体にとって良いことばかり!フラックスシードオイルの取り入れ方について

フラックスシードオイル、別名を亜麻仁油と呼びますが、このオイルが体のためにも、美容のためにも非常に効果があると評判で海外セレブはもちろん、美容や健康に意識の高い人の中では話題となっています。そこで、今回は、フラックスシードオイルの取り入れ方と考えるとともに、効果や使い方をまとめました。

フラックスシードオイルってどんなオイルなの?

今、キヌアやチアシード、ココナッツオイルなど多くの食材が、昨今の健康志向に伴ってスーパーフードとして挙げられ、注目を浴びています。

その中で、美容、スキンケアなどに絶大な効果があると言われている、フラックスシードオイル(亜麻仁油)について調べていきましょう。

このフラックスシードオイルの取り入れ方や効果、レシピや調理方法などをまとめました。

フラックスシードオイルとは?

フラックスシードオイル、別の名前を亜麻仁油といいます。ゴマと同じような形と色をしていますが、「亜麻」という植物から出てくる小さな種です。

数年前までは、ほとんど日本ではなじみのあるものではありませんでした。しかし、昔からメディカルハーブとして欧米の人々は注目をし、使用していました。

実際に、多くのフラックスシードの産地は、カナダなどの寒い地域です。

何がすごい!?フラックスシードオイル

フラックスシードオイルは、多くの効果が期待されています。

例えば、血液をサラサラにさせる効果があり、動脈硬化や悪玉コレステロールや中性脂肪の数値を下げる効果があるため、成人病などにおいて効果があると言われています。

また、アレルギー症状を緩和させる、さらには、女性ホルモンと同じような働きのある成分が含まれているため、ホルモンバランスを整えてくれたりします。

さらには、がん予防に関しても、がんのリスクを低下させる効果があるという研究結果も報告されています。

必須脂肪酸 オメガ3の含有量がすごい!

人間にとって、生きてくうえで人間としての機能を損なわないためには、必須脂肪酸というものが必要になっています。

この必須脂肪酸の中でもオメガ3とオメガ6いうのが、人間の機能としてとても大切な脳と神経の働きを促す成分の半分以上であると言われています。

ですから、この必須脂肪酸オメガ3とオメガ6は、普段から積極的に摂取したい栄養素なのですが、オメガ3に至っては、なかなか普段の食材では摂取できないのが現状でした。

しかしながらこの亜麻仁油は、オメガ3の含有量がどの食材よりも多く、さらにオメガ6までも摂取できるということで大きな話題となっているのです。

女性ホルモンに似た「アマニリグナン」

フラックスシードオイルには、女性ホルモンに似た「アマニリグナン」という成分が含まれています。この成分は、女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きを持っています。

ですから、胸を大きくしたいとき、乳がんのリスクを低下させたいときなどにも、このアマニリグナンは大きな効果があると言われています。

フラックスシードオイルの取り入れ方

非常にいろいろな効果があるとフラックスシードオイルですが、非常に熱に弱く、さらに、酸化しやすいというデメリットがあります。そこで、フラックスシードオイルの取り入れ方について調べていきましょう。

そのままスプーンで

夕飯の食事の前に・・・など、そのままスプーン一杯のフラックスシードオイルを直接口に入れることも問題ありません。実際に、癖のないオイルですので、自分が抵抗がなければ、そのままの方が効果的ですね。

サラダなどのときのドレッシング代わりに

オイルをそのまま食べるというのには抵抗があるのであれば、ドレッシングのオイルとして使用するのも良いですね。

新鮮なお野菜と一緒にフラックスシードオイルで作ったドレッシングは、非常に食べやすいのではないでしょうか。

今人気のチアシードも一緒に入れて、ジュレのようなドレッシングにするのも良いかもしれませんね。

PR