身近な食材で美しく ほうじ茶の美容効果について

身近な食材で美しく ほうじ茶の美容効果について

ほうじ茶は番茶などの茶葉を強火で炒ったお茶で、香ばしさが楽しめます。渋みもなく子どもからお年寄りまで飲むことができることが特徴です。栄養成分が多いほうじ茶の美容効果について知ることで、普段の飲み物で美しく健康になることができます。

飲むだけで身体が元気になるほうじ茶の美容効果について

 cup-681678_640

ほうじ茶は、普通の茶葉を炒って作りますので香りが良く、カフェインなども含みませんので子どもからお年寄りまで多くの人に重宝される飲み物です。

実は、ほうじ茶の美容効果は高く、抗酸化作用に優れておりアンチエイジング効果もあります。そして、お茶でありながらもビタミンCが豊富です。

特別なくせもなく料理に合いやすいほうじ茶を毎日の生活に取り入れることで、健康で美しい身体を手に入れましょう。

そもそもほうじ茶とは普通のお茶とどのような点が違うか

796deda9987b6f26d0a2217b1287f662_s 緑茶 紅茶 茶葉

ほうじ茶とは、「焙じ茶」と書き、番茶などの茶葉を強火で炒って作られるお茶のことです。番茶や煎茶、茎茶などがその材料として使われます。

茶葉を焙煎するため独自の香ばしさを楽しむことができますし、炒ることによってカテキンなどの茶葉成分が少なくなることはありますが、同時にカフェインや渋み成分であるタンニンもへらしますので、香りがよく、苦みが少ないのが特徴です。

最近ではデザートの原料としても使われており、その栄養効果が高く注目されています。

ほうじ茶で美肌に。ビタミンCが豊富です。

美肌には、ビタミンCが欠かせません。ビタミンCを摂取することによって肌が白くなったり、シミを改善したりお肌の張りをアップさせます。

ほうじ茶に含まれているビタミンCは、実はレモンの6倍もありますので、野菜が苦手だったりすっぱいものが苦手な人にも最適です。

ビタミンの中には通常は加熱によって溶けてしまうものもあるのですが、ほうじ茶のビタミンCは熱に強いため、ほうじ茶が健康や美容効果があるといわれる理由の一つです。

ほうじ茶でデドックスとダイエットができます

ほうじ茶に含まれるカテキンには、体脂肪を蓄積させない働きがあります。

カテキンを摂取することによって、肝臓や筋肉において脂肪を消費する働きのある、脂肪消費酵素が活性化します。そのため、脂肪も燃えやすく痩せやすい身体に体質改善をすることができます。

ほうじ茶は、運動が嫌いだけど痩せたい人などに効果的です。

ほうじちゃの美容効果。アンチエイジングにも有効

f4909d6ee973c2d962906bf6957462d4_s 女性 元気 ガッツ

ほうじ茶にはビタミンCとともにカテキンも含まれています。もともと、お茶の葉っぱにビタミンが含まれているからです。

そのため、新陳代謝が促進されるだけでなく、抗酸化作用がありますので、体内の老廃物を排出し肌を美しく保つことができます。

ですので、いつまでも若々しくありたい、アンチエイジングを目指す人にも最適の飲み物です。

ほうじ茶の飲み方について

ほうじ茶をいつもの食事に取り入れることだけでも十分効果がありますが、もっと効果的に痩せたいのであれば、効率的な飲み方があります。

まず、脂肪燃焼効果を上げたいのであれば、運動前や朝目覚めた時に飲むのが良いです。特に朝の目覚めの一杯は、腸を刺激し、便秘の改善などにも役立つからです。

一方、ほうじ茶はほかのお茶と違ってカフェインが含まれていませんので、寝る前に飲んでもかまいません。独特の香りでリラックス効果も高く、眠りの質をアップします。

カフェインを含みませんので、妊婦さんの太りすぎ防止や、産後のダイエットにも効果的です。子どもからお年寄りまで誰でも健康になることができます。

PR