自分の時間を増やしたい人におすすめ!短時間睡眠法を実現するための3つのポイント

自分の時間を増やしたい人におすすめ!短時間睡眠法を実現するための3つのポイント

短時間睡眠法によって、時間をもっと自由に使うことができます。3時間から4時間半程度の睡眠でも、夕食の食事量を減らすなどすることで、十分に健康的に生活することができます。ポイントは徐々に睡眠時間を減らすことです。また、朝や日中に十分な光を浴びることも効果的です。

短時間睡眠法のメリット

いろんなことがしたい! もっと勉強したい! という気持ちがあっても、一日のうちで有効に使える時間は限られています。

しかし、睡眠時間を短くすることで、もっと自由な時間を楽しむことができます。それが短時間睡眠法のメリットです。

一般的な睡眠時間は7時間から9時間程度ですが、短時間睡眠法では3時間から4時間半程度の睡眠時間のことをいいます。

理想的な睡眠は夢をみない?!

理想的な睡眠はすぐに寝入って夢も見ずに目を覚ます?

理想的な睡眠時間は人によって様々です。短い人もいれば長い人もいます。しかし、毎晩夢をしっかり見る人は睡眠時間がやや長いかも知れません。

なぜなら、理想的な睡眠は目を閉じたら次の瞬間朝だった、という感覚のある眠りだからです。意外かも知れませんが、よく寝た! という感覚の強い眠りはよくない眠りと言われています。

短時間睡眠は体に悪い?

健康を害さない時短睡眠の方法は

睡眠は体の成長や修復にとって、とても大切です。そのため、不足すると健康を損ねる可能性があります。せっかく自由な時間が増えても、不健康になってしまっては意味がありません。

短時間睡眠でも、「健康に過ごせること」

それが短眠法を実践する上で、もっとも気をつけなければならないことです。

睡眠時間には個人個人によって適正な長さがあります。徐々に睡眠時間を減らして4時間半程度が最も健康に過ごせるとわかったら、無理に3時間睡眠に拘らないことも大切です。

長さよりも深さが大切!

健康を害さない時短睡眠の方法は

睡眠時間は短すぎても長過ぎても不健康の原因になることがわかっています。大切なのは睡眠の時間よりも深さです。

人は寝ている間に、浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠を繰り返していますが、ノンレム睡眠が深ければ、短い睡眠でも十分に脳と体の修復が行われることがわかっています。

短時間睡眠法のコツは睡眠の質を上げること

短時間であっても質の高い睡眠であれば、健康を損なうことはありません。むしろ、必要な睡眠だけにすると体のだるさが取れたり、日中の集中力は増すと言われています。

このように、短くても深く、健康的な睡眠をとるためには3つのポイントがあります。

【1】カフェイン飲料は飲まない、もしくは午前中のみ

時短睡眠のためには午後のカフェインは控える

短時間睡眠法を行うにあたり、無理して起きる時間を作りたいからとカフェイン飲料に頼ることができれば避けましょう。

カフェイン飲料は一時的に気分を高揚させたり、すっきりさせる感覚がありますが、過度の神経を興奮させるために、その後に脳は多くの休息を必要とするからです。

どうしても飲みたいときにはデカフェにするか、午前中の時間帯までに留めましょう。

【2】夕食を減らす、もしくは食べない

睡眠を短くするためには、日中に過度な負担を体にかけないことが大変です。そのためには食事量はできるだけ少なくすることが肝心です。

とくに夕食は睡眠前の休息と睡眠の質を低下させるので極力少なくするか、できるならば固形物を食べないようにします。

【3】睡眠時間は徐々に短くすること

短時間睡眠に憧れる人はいきなり睡眠時間を3時間にしようとするかも知れません。しかし、それは失敗のもとです。

もっとも良いのは、現在の睡眠時間を1週間かけて30分ずつ短くすることです。

そのとき、出来るだけ起きる時間は一定にし、眠いときには早く眠ることで睡眠不足を解消するようにします。

光も効果的!

時短睡眠には日中に浴びる光も効果的

睡眠時間を短くするためには、日中に十分な光を浴びることも効果的です。

太陽光であれば最も良いですが、起きる時間を未明にしたい場合には高照度の照明を利用することをおすすめします。ポイントは起きてから1時間程度、明るい光の元で過ごすことです。

このような高照度ライトが一台あると、悪天候のときにも睡眠リズムが乱れるのを防いでくれます。

PR