冷え性が進行すると「冷え性なのに足が熱い」!? 急いで身体を温めて!

冷え性が進行すると「冷え性なのに足が熱い」!? 急いで身体を温めて!

冷え性なのに足が熱いことがあります。それは冷え性が極度に進んで、かなり危険な状態です。こうなった場合、熱いからといって氷などで冷やすと余計深刻に悪化するのでやめてください。普通の冷え性以上に、しっかり温めることが必要です。靴下や厚着をしたり、湯たんぽ等で温め、運動やマッサージをして下さい。

冷え性って?

冷えの悩み

冷え性とは、特に手や足の先など体の末端や腕、太ももなどが温まらず、常に冷たいと感じる状態をいいます。

冷え性は特に女性に多く、お風呂に入っても手足がすぐに冷える、暑い夏でも足が冷えているなど、体は温かいはずなのに手足が冷えていたりします。

冷え性は、手や足などの末端の血行が悪くなることで起こり、とくに手足は心臓から遠く、血液の循環が悪くなるため冷えやすくなります。

冷え性なのに足が熱い?

足に触れる女性

冷え性だと身体が冷え、手足も冷たくなりますが、実は手足が熱い冷え性もあるのです。

手足が冷たい場合は、自分で対策をとることもできます。ところが、冷え性が極端に進行すると、体が火照ってしまいます。

これは、人間の体に冷えている部分を発熱させる仕組みがあることによります。こうなると危険な状態です。自律神経失調症の恐れもありますので、病院に行きましょう。

足が熱くて眠れない

通常、眠る時間が近づくと、体の深部体温を下げるため体内の熱を外に逃そうとして手足は温かくなります。

しかし、手足が尋常でないほど熱を持って眠れない場合があります。こうなると熱拡散ではなく、隠れ冷え性の可能性があります。

冷え性が極端に進行した場合、血行が非常に悪く足の静脈に流れる血液がうまく循環しなくなります。そうなると、本来は心臓に戻るべき血液が滞りがちになり、静脈がうっ血してきます。

静脈の流れが悪い人に、就寝前は熱拡散のため足が温かくなる現象が加わると、尋常でないほど足が熱くなってしまいます。

足が熱くなる冷え性でも必ず温めること!

足湯

冷え性で足が熱い場合、よく間違えるのが冷やしてしまうことです。足が熱いからと行って、アイスノンなどで冷やすとさらに冷え性が進んでしまい、熱くなる症状が深刻になってしまいます。

このような場合、冷やすのではなく「温め」てください。さまざまな冷え対策グッズがありますので、活用しましょう。

「足湯」や「湯たんぽ」をするとよいです。腹巻きをしたり、靴下を2枚以上重ねて履いてもよいです。電気マットや電気毛布も使って、お腹や腰回りを温めてください。

体を温めるものを食べよう

生姜紅茶で温まる

身体を温める食べ物を食べましょう。ショウガ、ニラ、ニンニク、葱、赤唐辛子などがあります。

キムチは、ニラ、ニンニク、赤唐辛子が入っているので、一度に身体を温める食べ物がとれますのでオススメです。

辛い物を食べると、身体が温まってテンションが上がります。なお、ショウガも生は体を冷やすので、注意してください。

足を動かしたりマッサージをしたりする

冷え性をなおすには、体を動かして血行をよくすることです。マッサージも効果があります。

足を動かす

足を外側や内側にくるくる回す運動をしてみてください。足の熱くてだるい感じがやわらぎ、お腹まわりも温かくなってきます。

足の裏のツボをマッサージをする

足裏のツボのマッサージ

足の裏を、足の裏の中心部や土踏まずを中心にマッサージしてください。

「湧泉(ゆうせん)」(土踏まずのやや上の中央、足の指を曲げてへこんだ所にあるツボ)、「足心(そくしん)」(足の裏のちょうど真ん中のツボ)が刺激され、冷え性や足のむくみ、疲労回復に効果があります。足の火照りや疲れもとれます。

ツボグッズが100円ショップでも販売されていますので、利用してもよいでしょう。

PR