出来るだけ避けたい!トランス脂肪酸を含む食品を食べるとどうなるの!?

出来るだけ避けたい!トランス脂肪酸を含む食品を食べるとどうなるの!?

アメリカでは、数値を掲げてトランス脂肪酸を含む食品を食べないように促しています。日本でも同じような動きがあるものの、未だに浸透していないのが事実です。トランス脂肪酸を人間が摂ってしまうとどういったデメリットがあるのでしょうか?今後気をつけたいトランス脂肪酸を含む食品について調べてみました。

トランス脂肪酸について学ぼう

トランス脂肪酸は、最近になってメディアなどでもいろいろと情報が出てきていて、多くの人がその言葉を知っているでしょう。

ただし、いざトランス脂肪酸について聞かれたとしても、どういったものなのかを具体的に説明できないのかもしれません。

なぜならば日本の食では、トランス脂肪酸を含む食品は普段の食べ物に含まれていることもありますが、欧米の食品に比べて含有量が少なく、かつトランス脂肪酸を含む食品だからというわけではなくても、体にとってあまり良い食べ物ではないかも、と自然と食べる量を控えるように言われていたものが多いのです。

だからこそ、敢えてトランス脂肪酸を含む食品と言わなくても、そういった節制しながら食べる人が多いからかもしれません。

トランス脂肪酸って一体何?

トランス脂肪酸は主として植物油を原料とした食用油脂

トランス脂肪酸とは、いわゆるショートニングなどの人工的に作られた油に多く含まれている成分です。

だからと言って、自然な油脂に含まれていないのかと言われれば、そういうわけではないのですが、スナック菓子やフライドポテトなどに利用する安価な人工的に作られたショートニングに関して含有量が多いものになっています。

そのため、そういった意外と身近なものにも使われているのです。

トランス脂肪酸を食べるとどんなデメリットがあるの?

トランス脂肪酸がここまで取り上げられている理由には、トランス脂肪酸が善玉コレステロールの数値を下げて、逆に悪玉コレステロールを増やすことによって、動脈硬化となり、最終的には心疾患などを引き起こしてしまうと言われています。

また、免疫力を低下させるためにアレルギーがある人にとって、よりアレルギーを悪化させるというデータもあります。

しかしながら、これらは日本の政府は医学的な根拠が未だに見出せない、あるいは多くのトランス脂肪酸の種類の中でどのトランス脂肪酸がそういう影響を及ぼしているのかを具体的に分かることまでには至っていない、というところからも、そこまで過剰に反応していないのが事実です。

知っておきたい!トランス脂肪酸を含む食品について

安価な油に対して使用されているケースが多く、外食チェーンのフライドポテトなどの揚げ物、油で揚げるスナック菓子、さらには、安価に売られているパンやマーガリンにも含まれています。

多くの大型スーパーで売られている安価な油を含む食品には、トランス脂肪酸が含まれている可能性がありますのでが、そこまで神経質にする必要はありません。

なぜならば、日本の多くの食品について、含有量が多すぎるということはありません。あくまでも、こういった油分の多い食品の摂取をコントロールする必要があるんだ、というところを考えておけばいいのです。

トランス脂肪酸の代表的な食べ物:フライドポテト

トランス脂肪酸といえばフライドポテトが思いうかぶ

いわゆるファーストフードで売られているフライドポテト。これは、沢山の油の中で一気に揚げますね。揚げたては、美味しいし、嫌いな人はいないはず。

ただし、この揚げ油は、ショートニングが含まれています。このショートニングで揚げるからこそ、カリカリになるので、お店側からするとどうしても外せないものになりますが、安価に仕上げるために、どうしてもトランス脂肪酸を含むものになってしまうのです。

お菓子やパンに使われるマーガリン

トランス脂肪酸はマーガリンにも含まれている

各家庭にあると思われるマーガリン。このマーガリンにもトランス脂肪酸が含まれています。

マーガリンはクッキーやケーキなどにも多量に使われますが、こういった食品を一気に食べると言うこともそこまでないのではないでしょうか?

PR