出産前のけんかはある程度許して?出産前は精神的にも極限状態になっています!

出産前のけんかはある程度許して?出産前は精神的にも極限状態になっています!

出産前のけんかは、実はよくあることなのです。 何でこんな時に大喧嘩になってしまうの? 大切な時にけんかをしてしまったら、生まれてくる子にも影響があるかもしれないという危惧は不要。 出産前は精神的にも大きく取り乱し、ナーバス状態。 精神状態も張り詰めており、極限状態と言ってもよいでしょう。

出産前のけんかって起こりやすい!

出産直前は、おしるしと呼ばれるものがあったり、陣痛などもあり、妊婦の精神状態は極限状態にあります。

また自分だけ苦しんでいるのに、ご主人がのんびりとした姿で立っていると、イライラして日頃根に持っていたことを思わずポロリと発言してしまうということもあります。

argument-238529_640
出産前のけんかは、夫婦げんかだけではありません。

実家のお母さんに手伝ってもらおうと里帰り出産をされる方もいるでしょう。実の親と、大喧嘩してしまうこともあるのではないでしょうか。

でも、考えても見てください。妊婦の精神状態は、通常のものとは全く違うのです。子供を産む直前は、やはり分娩台に向かうことさえ、恐怖を覚える方も多いはずです。

また陣痛は考えられないほどの痛みであるため、まさしく妊婦の脳も興奮状態で、痛みのことしか考えられません。

そんな状態で、家族がのんびりとした姿を見せていると、イライラするのも当然ではないでしょうか。

家族もまだかまだかとピリピリとした雰囲気

9a2dc7ce7b8477203f19b1d5c1e5fff2_s
里帰り出産の場合だと、実の親が娘の世話をしてくれるのではないでしょうか。

もちろん、出産経験のある親ですので、臨月の娘の身体をあれこれと気遣ってくれることでしょう。特に予定日が近づくにつれて、家族の中でもピリピリとした空気が流れていることもあります。

でもそれが、妊婦にとっては、気に障ることもあり、それがストレスとなって、思わずチクリと余計なことを言ってしまい、それが火種となりけんかになってしまうこともあります。

臨月の妊婦の精神状態

臨月間近の妊婦の精神状態は、だんだん不安定になってきます。

特に初めて出産に挑む方にとっては、赤ちゃんを産むときの痛みはどんなものだろうか、生まれてからの家族の生活はどうなってしまうのかと気持ちがだんだん不安定になってきます。

やはりそんな不安定な気持ちになっている出産間近の妊婦をどれだけ温かく見守ってくれるか、周囲の家族の愛情が大切になってくるのではないでしょうか。

気持ちを落ち着かせるには?

臨月の精神的不安定さの要因には、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が過剰に増すことが原因の一つになっています。このため、夜、眠れなくなったりするので、昼間、イライラすることもあります。

安眠効果のあるハーブティーを飲みながら、好きな音楽でも聞いて、ゆっくりと過ごすことも大切です。

1b9276f39e1aead3e09168dcad351879_s
どうしても夜眠れない場合には、昼間、軽く1時間ほど昼寝をすると、精神的に落ち着けます。

またホットミルクを飲むと、精神的に安定することができるセロトニンという成分が効果を発してくれるので、穏やかな気分で安眠できます。

赤ちゃんが誕生すれば、けんかのことなど忘れます。

出産前の大切な時、精神的に不安定になることは、もう仕方がないとあきらめましょう。

多少、家族に八つ当たりしても、暴言を吐いてしまっても、あらかじめナーバスになっていることを伝え、家族には温かく見守ってほしいものですね。

赤ちゃんが生まれた後は、きっとそんなけんかをしていたことも、一瞬にして忘れてしまいます。新しい生命の誕生は、家族に大きな喜びをプレゼントしてくれるでしょう。

2cbf12a2399b58f4afda2285c8ac8470_s

PR