夜バナナダイエットの方法を教えます!簡単!続けられるダイエット!

夜バナナダイエットの方法を教えます!簡単!続けられるダイエット!

夜バナナダイエットとは、その名のとおり、夜にバナナを食べるだけのダイエットです!バナナって、消化も良く、栄養価も高いことは知ってはいるけど、そのバナナをどうやってダイエットに活用するのかわからない!夜バナナダイエットの方法や効果について、ご紹介します!

夜バナナダイエットの方法

夜バナナダイエットとは、夜にバナナを食べるだけのダイエットです。

しかし、夕食を食べたあと、おやつにバナナを食べるわけではありません。夕食前にバナナを食べる、ここがポイント!夕食前にバナナを2本ほど食べ、そしてコップ一杯ほどの水を摂る。たったこれだけです。

もちろんこの後、夕食をふつうにとって大丈夫なんです。夕食前にバナナを食べることで、夕食の一部が低カロリーのバナナに置き換えられ、しかもバナナは食べごたえも十分なので、その後夕食の過剰摂取がかなり抑えられるわけです。

葉っぱの野菜を食べるのとは違い、バナナの場合はそれなりにお腹にずっしりときます。

空腹と格闘しながらのダイエットとはならず、しかも激しいエクササイズを必要としているわけでもないので(もちろん、適度な運動はダイエットのみならず、美容・健康促進には欠かせませんが)、リバウンドのリスクも少なく、長く続けることができるダイエット方法なのです。

バナナの栄養価ってすごい!

バナナの栄養価ってすごい!

バナナは消化にもよく、栄養価が高いことを知っている方は多いと思います。

バナナにはビタミンB1、B2、B6、そしてナイアシンや葉酸など、脂肪の燃焼を促進する栄養素がバランス良く含まれています。ビタミンB類は糖質や脂質などをエネルギー化するのに不可欠な栄養素なので、ビタミンB類が不足すると食事でとった糖質や脂質がエネルギーとして消費されないまま、体脂肪として蓄積されやすくなってしまいます。

また、バナナには水溶性と不溶性の「食物繊維」がバランス良く豊富に含まれているため、腸の働きを整えてくれる効果があります。そして、体内で比較的消化されにくいと言われている「フラクトオリゴ糖」も含まれており、消化されずに腸まで届いたフラクトオリゴ糖は善玉菌を増殖させ、継続的に腸内環境を改善してくれる効果もあるのです。

夜バナナダイエットの効果 – 優れた栄養バランス

夜バナナダイエットの効果 - 優れた栄養バランス

バナナの1本あたりのカロリーはおよそ80~90kcalです。

およそ250kcalのごはん1膳と比較してみても、かなり低カロリーなのがわかりますね。しかも先述のように、ビタミンB類や食物繊維、カリウムやマグネシウムなどの栄養素も、他の果物と比較しても豊富で、例えば一人暮らしの食生活で偏った栄養バランスも補ってくれるのです。

夜バナナダイエットの効果 – 優れた整腸作用

夜バナナダイエットの効果 - 優れた整腸作用

水に溶け、便を柔らかく出やすい状態にし、余分な脂質を吸着して便と一緒に排出させる働きがある「水溶性植物繊維」と、水分を吸収して便のかさを増し、便意を促す効果を高める「不溶性食物繊維」をバランスよく含んでいるバナナ。毎日バナナの摂取を続けることで、お腹まわりもスッキリ!してきます。

夜バナナダイエットの効果 – 長く続けやすい!

夜バナナダイエットの効果 - 長く続けやすい!

1日の3食の中で、特に日本人は夕食にウエイトを置きがちなので、夕食の摂り方に一工夫加えるのは有効なんですね。特に夕食は食べる時間や量などが不規則になりがち。

夜バナナダイエットを導入することで、栄養バランスや食事の過剰摂取を抑えることができます。また、空腹を感じるなどの苦痛もほとんどないため、手軽に長く続けられるのがこのダイエットの特徴でもあります。

PR