ダイエットしたのに老婆化では意味ナシ!35歳以上の老けない痩せ方の鉄則

ダイエットしたのに老婆化では意味ナシ!35歳以上の老けない痩せ方の鉄則

大人女子が目指したいのは老けないダイエットです。ダイエットに成功しても美しくならなければ意味はありません。35歳からの老けない痩せ方の4つの鉄則をご紹介します。これを守れば安心してダイエットに励めます。

痩せたいけど…あの人みたいにはなりたくない!

年齢を重ねた女性のダイエットの悩み、それは「痩せたいけど、老けたくはない」ことです。

大人女子がダイエットしない言い訳にも使われますが、やっかみではなく実際痩せている同年代の女優さんや、ダイエットに成功した知人を見ると「老けたなあ」とか、「これなら太っていたときの方がまだ綺麗だった」と感じることも。

35歳以上の老けない痩せ方には4つのコツがあります。これを守れば、老けずに痩せることができます。安心してダイエットに励みましょう。

糖質カット

糖質カット

老けない痩せ方として第一に試すべき一石二鳥の方法があります。それは糖質を控えることです。

糖質を摂りすぎると、内臓脂肪や皮下脂肪になるだけではありません。体内のたんぱく質が糖化という現象を起こして、がんや生活習慣病、そして、シミやシワなどの老化の原因になるのです。糖質を摂りすぎている人なら糖質制限で老けないどころか、逆に老化を予防しながら痩せることができます。

ただし、今糖質を摂りすぎていない人の場合は老化防止効果はありません。また、糖質制限のしすぎには賛否両論あります。

良質な脂質を摂る

良質な脂質を摂る

年齢を重ねた女性がしがちなダイエットに脂質制限があります。脂質を制限するとカロリーカットになって良いのですが、老けない痩せ方としてはあまりよくありません。

肌の水分保持を守るセラミドも皮脂も油からできています。肌や髪を健やかに保つビタミンAやアンチエイジング効果の高いビタミンEは脂溶性ビタミンで、油抜きをしていると体に取り込むことができなくなります。

かといって脂質の取りすぎも体を錆びさせる元です。老けないダイエットにお勧めなのは良質の脂質です。

脂質には、身体で作ることのできない必須脂肪酸がありますが、これはオメガ6とオメガ3に分類できます。美容と健康のためにはオメガ6とオメガ3のバランスをよく摂取することが不可欠なのですが、現代人の生活で取れる油は大きくオメガ6ばかりに偏っています。これが肥満と不健康の原因になっているのです。

増えないダイエットのためにオメガ3の脂質を意識的に摂りましょう。亜麻仁油やえごま油、魚の脂肪に多く含まれています。

たんぱく質をバランスよく摂取

ダイエットでたんぱく質が不足すると、疲れやすくなったり、代謝が落ちたり、貧血になって肌に栄養が行き渡らなくなったりしてがっくり老け込みます。肌の張りを保つコラーゲンもたんぱく質です。大人女子のダイエットではたんぱく質を不足させてはいけません。

ダイエット中に気をつけて欲しいのはたんぱく質の量とアミノ酸スコアです。たんぱく質は摂りすぎてもよくありません、脂肪となって蓄えられてしまうのです。30~40代の女性に必要なたんぱく質は平均40~50g程度です。

たんぱく質の中身にも注意が必要です。人が必要とする必須アミノ酸は9種類ありますが、バランスを欠くと、余ったたアミノ酸は分解されてしまうのです。

適度な運動

適度な運動

年齢を重ねると基礎代謝が落ち、知らず知らずのうちに太りやすくなります。筋量も減るため、姿勢も悪くなり、たるんできて、太る上に老けてきます。これを予防する方法は運動しかありません。

大人女子の老けないダイエットには運動は欠かせません。食事制限だけでダイエットするとますます筋量が減り、姿勢も身体も肌もだるだるになってしまいます。

かといって、脂肪を極端に落としてしまうような激しい運動や、紫外線を頻繁に浴びるのも老ける原因です。定期的に運動しているのに年齢より老けている人がいるのはそのためです。

無理のない範囲で、紫外線を対策しつつ、適度な運動を取り入れてください。

PR