ダイエット中でも大丈夫!大好きなスイーツを我慢しなくても太らないスイーツの食べ方

ダイエット中でも大丈夫!大好きなスイーツを我慢しなくても太らないスイーツの食べ方

女性にとってスイーツは特別な存在。日々の疲れを癒してくれることもありますよね。ダイエット中だからという理由でスイーツを控えて逆にストレスを溜めてしまっては意味がありません。太らないスイーツの食べ方をすればそんな心配はありません。ぜひ知っておきたいスイーツの食べ方について調べてみました。

スイーツを食べたら太るといわれているのはなぜ?

甘いものを食べてばかりいると太る、と言われていますよね。実際、あまりに甘いものばかり食べていると太ってしまうことはあります。

原因は使われている原材料

cupcakes-697444_640

スイーツが甘いのは砂糖が多く使われているから。でも、ただ甘いだけという理由でスイーツが太る原因になるわけではありません。

特に洋菓子の場合ですが、さらにそれに加えてバターや生クリームなどといったものを使っているためにカロリーが跳ね上がってしまうのが、いわゆる「スイーツを食べると太る」といわれている所以です。

カロリーを摂りすぎてしまうとどうなるか? 必要以上のカロリーを摂取すると、体はそれを処理することができずに、体脂肪として体に蓄えてしまうようになります。

「スイーツを食べる=必ず太る」と思っていませんか?

スイーツの食べ方に気を付ければ太りにくい!?

ダイエットをするならスイーツを食べるなんてあり得ない、と思われていますが実はそうではありません。ちょっとしたコツを押さえてしまえばダイエット中でもスイーツを楽しむことができるんです。

スイーツを食べると、何だか幸せな気分になれるという女性は多いと思います。実際、見た目もかわいくておまけにおいしいなんて目も心もお腹も満たされてしまいそうですよね(笑)。

ダイエット中だからといってスイーツを禁止してしまうのはストレスになってしまい、ダイエットには逆効果になってしまいかねません。

でも、食べ方に気を付ければスイーツも楽しみつつ、ダイエットを成功させることが可能なのです。

太らないスイーツの食べ方のコツ4

ダイエット中でも安心できる「太らないスイーツの食べ方」っていったいどんな方法なの?

同じスイーツでもカロリーが低いものを!

太らないスイーツの食べ方のコツはカロリーの低いものを

ダイエット中にスイーツが食べたくなったら、和菓子をチョイスするようにしましょう!

すでに触れていますが、洋菓子にはバターや生クリームなどカロリーが高い原材料が使用されています。その点、和菓子は基本的にそういったものは使われていないので、同じスイーツでもカロリーを抑えることができるのです。

ただし、たとえ和菓子でも中には生クリームなどを組み合わせているものもあるので、そういったものは避けるのが大前提です。

食べても太りにくい時間に食べる

食べても太りにくい時間を生み出しているのは、私たちの体の中にあるBMAL1(ビーマルワン)というたんぱく質です。

このたんぱく質は時間帯によって増えたり減ったりすると言われていて、増えている時間帯は体に脂肪を溜め込みやすいと言われています。

つまり、BMAL1が減少している時間帯に食べることで太りにくくすることができる、というわけです。逆にBMAL1が増加する時間帯に食べてしまうと、それ以外の時間帯に食べるよりも、より脂肪分を体に溜め込んでしまいやすくなってしまいます。

ちなみに、BMAL1が最も少なくなると言われているのは15時。いわゆる、「おやつの時間」と言われている頃ですね。

15時前後は1日の中でも最も体温が高くなる時間帯で、代謝が効率よく行われている頃です。スイーツを食べるなら、この時間帯を狙うのがオススメです。

食後のデザート、なんて言ったりしますが、スイーツを食べるならおやつとして食べるようにしましょう。

ながら食べをしない

テレビを見ながらだったり、仕事をしながらだったりと、何かをしながらお菓子やスイーツを食べていませんか?

そんな食べ方をしていると、お菓子を食べた量もわからなくなってしまいますし、いつまでもだらだらと食べてしまうことになります。

気がついたら手元にあったお菓子が空になっていた・・・なんて経験はありませんか? 言われてみればテレビを見ながら食べていると、ついつい手が動いてお菓子を食べてしまっていることってありますね。

スイーツやお菓子には温かい飲み物を組み合わせて!

太らないスイーツの食べ方のコツはコーヒーと一緒に

お菓子を食べ始める前に、飲み物を口にする習慣にしましょう。それだけでも空腹感がいくらか抑えられ、お菓子を食べ過ぎてしまうことを防ぐことができます。

もちろん、最初だけではなくて、お菓子を食べている間も飲み物を口にすることを忘れないようにしましょう。

コーヒーに含まれているポリフェノールの一種には糖の吸収を抑制する効果もあるということなので、スイーツのおともにコーヒーを飲むのはオススメです。

ちなみに、この成分は高級豆の方が多いようなので、ダイエットを頑張っているご褒美に、スイーツタイムにはいつもと違って、ちょっと良いお茶を楽しむのも良いのではないでしょうか。

烏龍茶のポリフェノールもダイエットをしている人には嬉しい効果があります。上手に取り入れてみましょう。

PR