塩風呂で全身エステができます!美肌効果、ダイエット効果のある塩風呂とは

塩風呂で全身エステができます!美肌効果、ダイエット効果のある塩風呂とは

塩風呂とはいつものお風呂に塩を入れるだけで身体が芯から温まるため、全身から汗が吹き出し、発汗作用のあるお風呂です。お風呂にいれる塩は荒塩を使います。また内臓の働きがよくなるため基礎代謝率が上がるのでダイエット効果があり、冷え性の改善、乾燥肌対策になります。簡単な方法なのでやってみましょう。

塩風呂とはどんな効果があるの?

新陳代謝が高まり血行がよくなります

新陳代謝が高まり血行がよくなります

塩風呂とは、塩をお風呂に入れることによってお湯が冷めにくくなり、保湿効果が高まる入浴法です。そのため塩風呂に入ると身体の芯から温まるため、内臓機能も活発化され、血行も促進されます。

すると全身から汗が吹き出し、身体中の老廃物が排出されるので、デトックス効果も高まります。汗腺も鍛えられていくため、普段汗をあまりかかない方も新陳代謝の高い身体になります。

美肌効果や基礎代謝率が上がるため、ダイエット効果もあります。痩せたい方は、塩風呂で半身入浴をするとよいでしょう。

また身体の末端血管の血行がよくなっていくため、冷え性を改善するだけでなく、肩こりや腰痛などの筋肉疲労を和らげる効果があります。

塩風呂は若い方から年配の方までおすすめの入浴法です。

塩に含まれる成分とは

塩に含まれる成分とは

塩には、ナトリウム、マグネシウムやカルシウムなどのミネラルが含まれており、肌の保湿効果があります。乾燥肌に悩む方は、塩風呂に入ると肌質が改善されていく効果があります。

また塩風呂に入ると汗が出るため、皮脂から皮膚を守るための脂が出てきます。お風呂から出ると、自分の身体から出た皮脂が皮膚をコーティングしてくれるため、肌が自然に潤ってくるのです。

とくに秋から冬にかけて空気が乾燥する季節になると、肌が乾燥して痒くなってしまう方もいることでしょう。塩風呂は冬の乾燥肌対策にもなるので、乾燥肌に悩む方も試してみるとよいでしょう。

また塩には殺菌効果があるので、体臭を抑える効果や皮膚の疾患にも効果があります。

ミネラルの豊富な天然ものを選びましょう

荒塩を使いましょう

荒塩を使いましょう

塩風呂に入れる塩はどんな塩でもよいというわけではありません。自然塩で荒塩を用意しましょう。精製された塩にはミネラルなどの天然の成分が少ないため、塩風呂には向かないので注意しましょう。

入浴の仕方

塩風呂は、浴槽に30グラム程度の荒塩を入れます。塩を桶などでよくかき回した後、10分ほどゆっくり湯船に浸かります。浴槽に出たら塩を洗い流し、再び塩風呂に浸かりましょう。

体調を見ながら湯船に入ったり出たりを繰り返しましょう。のぼせやすい方は時間を短めに切り上げるようにしましょう。

塩の分量は最初は少なめに入れていき、何度か続けて身体の調子がよいのであれば、塩の量を増やしていってもよいでしょう。

塩風呂は毎日続けると負担がかかるので、週に二、三度ぐらいにしておくのがベストです。また入浴後は塩をしっかりとシャワーで洗い流しておくことが大切です。

気をつけることは、塩風呂で使ったお湯は翌日使わず、その日で落としてください。また浴槽を綺麗に洗い流しておくこと、追い焚きをすると塩の成分が風呂釜を痛める可能性があるので、お風呂の温め直しはしないようにしましょう。

重曹をプラスするとまるで温泉効果!

重曹をプラスするとまるで温泉効果!

塩風呂に重曹を100グラム入れると、炭酸の温泉と同じ効果があります。毛穴の汚れも綺麗に落とすことができるため、塩風呂の効果をさらにアップさせることができます。

他にも重曹以外にも、お酒をプラスしたり、ヨーグルトや牛乳をプラスすることによって美肌効果が増すので、自宅のお風呂でエステ気分を味わってみてはいかがでしょうか。

PR