痩せる時間帯にダイエットしないともったいない!いつ運動するのが効果的?

痩せる時間帯にダイエットしないともったいない!いつ運動するのが効果的?

ダイエットに向いている痩せる時間帯があるって知っていますか? いざ、ダイエットを始めようと思うと気になる情報がたくさん! 何度も失敗してきた…もう、失敗するわけにいかない、そんなあなたに痩せる時間帯を紹介します。

ダイエットは思い立ったが吉日。しかし痩せる時間帯にダイエットが難しい場合もあるでしょう。

その時は気を付けてほしいポイントを合わせて紹介していますので、ちょっとだけ意識してみましょう。

痩せる時間帯にダイエットしないともったいない!

続けやすい時間帯

ダイエットには食生活の見直しだけでなく、基礎代謝を上げるために適度な運動を組み合わせることが必要です。

ジョギングやウォーキングを始めようとした時に、1日のうちでどの時間帯がもっともダイエット効果が高くなるのでしょうか?

一番大切なことは、あなたの生活サイクルに無理なく組み込めることです。運動は続けないと効果が出ないため、続けやすい時間帯を選ぶようにすることが大前提です。

もし時間帯を選択出来るのであれば、朝昼晩どの時間帯が痩せやすいのでしょうか?

どの時間帯が痩せやすいのでしょうか?

体温と夕方のダイエット

体温を目安に考えてみるとわかりやすいです。

人間の体温は一定ではなく、1日のうち1℃以内の体温変化をします。通常は早朝が最も低くなり、まだ陽のある夕方4時くらいにもっとも高くなり、それを境にあとはゆっくり下がり、体が休息する時間帯に入っていきます。

このような体温リズムの中で、交感神経から徐々に副交感神経優位へと切り替わっていきます。ですから、体が活発な交感神経優位な時間帯に運動をすると、エネルギー消費や代謝が高くなりやすいと言えます。

つまり、夕方4時までにしっかりと体を動かすこと、できることなら夕方に適度な運動をするのがおすすめなのです。

しかし会社や学校で難しいという方も多いと思います。そういう方は昼休みなどを利用してはいかがでしょうか? 長く時間が取れなくても構いませんので、毎日継続して習慣化してしまうのが手です。

体温と夕方のダイエット

夜におすすめの運動

じつは、陽のあるうちに運動を取り入れると夜の睡眠の質も高くなるというメリットがあります。特に自律神経が乱れがちな方や、睡眠に悩みのある方は、ぜひ一度お試しを!

一方夜は、痩せやすい時間帯かどうかという基準で言うと適しているとは言えません。しかし、1日の終わりを意識するので、少し辛いと感じる運動でも乗り越えやすいという人もいるかも知れませんね。

激しい運動を行なうと交感神経優位となり、安眠に支障がでることもあります。そこで、夜におすすめの運動は、ゆったりとしたヨガやストレッチで、体と一緒に心をリラックスさせるようにしましょう。

夜におすすめの運動

朝活はする時の注意点

では、朝はどうでしょうか? 早起きして朝活するのは清々しくて気持ちが良いものです。

空腹時のほうが脂肪が燃焼しやすいと聞いたことがあると思います。血液中にブドウ糖量が少なくなっている朝に運動すると、脂肪を分解してエネルギーに変えようとします。つまり、ダイエットにはもってこいの時間帯。

しかしながら、朝起きてすぐに激しい運動をするのではなく、準備運動を時間をかけて行ないましょう。また、脱水症状を起こしやすいので、十分な水分補給とそれから、飴やゼリーなど少量口にしてから運動を始めましょう。

朝活はする時の注意点

痩せホルモンもしっかり分泌

なかなか都合の良い時間帯にダイエットできない場合には、食前か食後かというポイントだけでも押さえるのはいかがでしょうか?

食後は血糖値が上昇して、インスリンが分泌されます。体に脂肪をため込もうとする時間帯になるので、食事の直後は避けて食後2時間のこの時に運動しましょう。

逆に、無理な食事制限などによるひどい空腹時に運動するのは危険です。

最後に、運動も大切ですが、じつはダイエットには睡眠も大切です。痩せホルモンと言われる成長ホルモンであるコルチゾールをしっかり分泌させるために、睡眠時間を確保しましょう。

睡眠の質を高めるために運動を取り入れて、しっかりとぐっすり眠る時間帯を確保しましょう。それが、健康的でしかも美しくなるためのダイエットです。

痩せホルモンもしっかり分泌

PR