レプチンで食欲コントロールしてダイエットを成功させよう!!

レプチンで食欲コントロールしてダイエットを成功させよう!!

自分自身の体から分泌されるホルモンであるレプチンで食欲コントロールができるって知っていますか?このレプチンを上手に利用することでダイエットにも効果があるとか!ではいったいレプチンとはどんなホルモンでどういった働きをするのでしょうか?チェックしていきましょう!

どのようにしてレプチンで食欲コントロールするの?

レプチンとはどんなホルモン?

レプチンとはどんなホルモン?

この”レプチン”と言われるホルモンは、脂肪細胞から分泌するんだそうです。分泌するタイミングは食事後がほとんどなんだそうです。

レプチンの分泌により、満腹中枢を刺激し、満腹感を感じさせてくれるとので、食欲が抑えられるといったことになります。

ということは体内にこのレプチンを多く保つことができると食欲が抑えられ、ダイエットになるということになるわけですね!

ちなみに”レプチン”の名前の由来はギリシャ語の「レプスト」だそうで、この意味は<痩せる>だそうで、まさに名前も痩せるホルモンということを表していますね!

レプチンを多くするには脂肪が必要なの?

レプチンを多くするには脂肪が必要なの?

脂肪細胞から分泌しているなら、脂肪が多いとさらに多く分泌しそうなイメージがありますが、それは違うそうです。

脂肪が増加すると、レプチンは満腹中枢に伝達をし食欲を抑え、脂肪燃焼をも促してくれます。

しかし脂肪の増加が多すぎると、血中にあるレプチンの濃度が高くなりすぎてしまうため、正常に食欲抑制が働かなくなってしまうんだそうです。

逆に少なすぎても肥満の原因となるので、適量の分泌が大切になってくるのだそう。

ちなみにレプチンの分泌が多すぎることによって、感染症の予防をしようと体内で炎症が起こりやすい環境となってしまうため、その点でも身体にはよくないとされているんだそうです。

レプチンを適量分泌させるにはどうしたらいいの?

睡眠時間を確保しよう!

睡眠時間を確保しよう!

理想は8時間睡眠! レプチンの分泌は、やはり質のいい眠りに左右されるんだそうです。

なかなか8時間睡眠を取ることが難しいひとは、寝る前の30分でテレビやパソコンなどを見るのはやめて過ごしたり、軽めのストレッチをすると、しっかりとした質のいい眠りが期待できるそうですよ!

身体を動かそう!

身体を動かそう!

やはり身体を動かすことは大切でレプチンの安定的な分泌が期待することができ、さらに筋力が増えることで脂肪燃焼にもつながるのでダイエットにはもってこい! ということになりますね。

タンパク質を摂ろう!

タンパク質を摂ろう!

普段からタンパク質を摂っていますか?

タンパク質は食べることでお腹にたまりやすいことから腹持ちがいいとされ、レプチンの感受性をよくしてくれることが期待できます。

理想は毎食30gタンパク質を摂ることがいいらしく、できるだけ脂肪が少ない豆腐、白身魚、鶏肉(ムネ肉)などがいいそうです。

ジャンクフードは控えよう!

ジャンクフードは控えよう!

やぱり食生活というのは大切で、残念ながらジャンクフードと言われる加工物の食事はよくありません。

できる限り食事は積極的に野菜をとり、何か甘いものが欲しいといったときにはフルーツを食べるようにしましょう! 噛みごたえがあるドライフルーツもオススメ!

そのときに気を付けたいのが、ドライフルーツでも砂糖がまぶしてあるようなものは避けるようにしてくださいね。

最後に

この”レプチン”をうまく利用することで、長期的に自然とダイエット状態が継続することが期待できます。

自然と痩せてくるのって理想的ですよね!ぜひぜひうまく体内で”レプチン”が働くようにし、「あれ?痩せたんじゃない?」と周りに言わせちゃいましょう!

きっと日々の生活を見直すことで、そういった嬉しい言葉をかけてもらえる時が来るはずですよ!

PR