酵素玄米の効果とは!?あの女優もハマる美味しくて健康になるご飯

酵素玄米の効果とは!?あの女優もハマる美味しくて健康になるご飯

酵素玄米の効果はとても多く、便秘解消、美肌、減量、冷え性の改善など、とくに女性にとっては嬉しいものです。玄米は種子であるために、栄養のある部分が硬い殻に覆われています。酵素玄米では殻を柔らかくするだけでなく、玄米本来の栄養価を高めるという効果も期待できます。今回は美味しい酵素玄米の作り方を紹介します。

大物女優も絶賛!酵素玄米の効果とは?

吉瀬美智子もハマる酵素玄米の効果

酵素玄米は、炊飯器で炊いた玄米を数日ほど保温で置いておくという玄米の食べ方です。女優の吉瀬美智子さんや石原さとみさんがメディアで紹介したことで話題になりました。

炊いた玄米を保温状態で置くことで酵素やギャバなどの栄養価があがり、さらには消化吸収によくなることがわかっています。

通常の玄米よりもミネラルや食物繊維が豊富になるため、普段通りに食べるだけで腸内環境が改善され、便秘や下痢を予防します。結果として美肌や減量、ウエストなどのサイズダウンが期待できます。

腸がきれいだとナゼ美容に効果があるの?

食物繊維や良質な糖質は腸内環境を整える作用があります。腸が良い状態であると、全身の血液とその循環がよくなることがわかっています。

良い血液循環は体の冷えを予防するだけでなく、全身の細胞に必要な栄養を届ける役割をします。そのため、肌の状態が良くなったり、代謝機能が向上することで痩せやすくなるのです。

ここがポイント玄米の食べ方!

玄米を食べて、美味しくない・硬い・消化不良になった、など巷で言われているほど、健康効果が実感できない人も多いようです。その原因は何なのでしょうか?

1つには、購入した玄米の質が悪かったことが考えられます。しかし多くの場合、玄米そのものよりも食べ方に問題があるようです。

というのも玄米は種子であり、栄養価の高い部分は硬い殻で覆われています。白米と同じように炊いただけではその殻は硬く、しっかり噛まないと消化不良を起こしたり十分に栄養を取り込めないままに排泄してしまう可能性があります。

そのため、玄米の食べ方としては硬い殻を柔らかくすることが不可欠です。

お米は種って知っていましたか?

吉瀬美智子もハマる酵素玄米の食べ方

お米は植物の中では種子、つまり種の部分です。そのため水につけることで発芽したり、硬い殻に覆われているという特徴があります。

美味しい酵素玄米の作り方

美味しい酵素玄米を作るためには3つの行程が必要です。この方法によって、玄米の殻を柔らかくし、栄養価が高くなります。

【1】玄米を水につける

玄米を24時間水につけておきましょう。こうすることで玄米が水を吸って柔らかくなると同時に、種子が目を覚まします。

【2】玄米を煎って、炊く

1日程度水につけておいた玄米の水気を十分に切って、フライパンなどで香ばしい香りがするまで煎ります。

その後、玄米1合に対して、小豆10グラム、塩0.5グラムを入れて、いつも通りに炊飯します。

玄米を煎ることで玄米の硬い殻を壊しやすくするため、炊きたてでももちもちとした食感がUPします。

吉瀬美智子もハマる酵素玄米の作り方

煎った玄米の跳ねに注意

煎った玄米は熱によって跳ねることがあります。そのため、フライパンで煎るとき、炊飯器に移すとき、水を入れるときなどに玄米の跳ねに注意しましょう。

【3】保温する

最後に酵素玄米でもっとも特徴的な保温を行います。玄米を炊いた後、保温状態で3日から5日程度置いてから食べます。

炊いたあとで保温の熱を加え続けることで酵素やギャバが増加します。そのため、同じ量の玄米を食べても、より多くの栄養を摂取することができます。

酵素玄米を美味しく作るためには、水分調整が難しいようです。少なすぎるとパサパサ、ごわごわになり、多すぎるとリゾットのようになってしまいます。

何度か試して、適正な水分量と好みの食感ができる量を試してみましょう。

PR