【妊婦の悩み】妊娠初期に立ち仕事はしても大丈夫?気になる妊娠中の仕事について

【妊婦の悩み】妊娠初期に立ち仕事はしても大丈夫?気になる妊娠中の仕事について

妊娠中に立ち仕事をするのは大丈夫なことなのかどうか、キャリアウーマンな妊婦の気になる悩みについてまとめてみました!特に、不安ばかりでまだ何もわからないであろう初めての妊娠の方には読んでもらいたい記事です!

妊娠初期っていつのことをいうの?

1b0881fae5c653f8b4568f8bb6a61e35_s

妊娠初期とはいっても、いったいいつのことを指すのかわからない方も多いのではないでしょうか?

特に初めて妊娠の妊婦さんは、わからないことばかりで大変だと思います。一つ一つ、妊婦として知識を蓄えていきましょう。

妊娠期間は3か月単位で区切られており、妊娠初期と妊娠中期、妊娠後期の3つの期間に分かれます。

そのうち妊娠初期は、妊娠4週目から15週目くらいの間の期間のことを指します。この期間から赤ちゃんはぐんぐん成長し、体の様々な部分がお母さんの身体の中で作られていきます。

しかし、お母さん側にとっては、お腹が大きくなっていないこともあってか、妊娠を自覚しにくい時期でもあります。

そのため、妊娠していないときの生活をそのまま続けてしまい、知らず知らずの間にお腹の中の赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまっていることもあるので、気が抜けない時期です。

妊娠初期に立ち仕事はダメ??危険??

e43a3bc5d7cc02d1079eae65ed0c35bb_s

妊娠中に気になるのは、仕事関係です。今となっては共働きが当たり前の時代。女性も、会社の中で重要な役職に就ける時代です。

女性の社会進出が進んでいいこともありましたが、逆に悩んでしまうことも増えました。とくに妊娠・出産に関しては、女性にとって負担が大きいことが問題視されています。

妊娠中の仕事については悩んでいる女性は多いと思います。一番いいのは、仕事場によって制度が異なるので、仕事場の担当の方と相談することですが、なかなか簡単にはできないですよね。

仕事を辞めるか続けるかについては、自分の身体と要相談ということになります。

出産や育児に関しては女性一人で決められれる問題ではないので、周りの家族との協力が必要不可欠です。あらかじめ身近な人に相談をするようにしましょう。

立ち仕事は、妊娠初期の場合にはほとんど問題はないと言われています。しかし、中にはお腹が張ってしまったり立ちくらみが起こってしまう方もいるので、妊娠中に続けるのはあまりお勧めはしません。

もし立ち仕事をするのであれば、すぐに休める環境があるところで続けてください!

他にもたくさんある妊娠初期に控えておきたいこと!

お腹が小さい時期だからこそ、気をつけたいことがたくさんあります。

妊娠中期や妊娠後期にも同様に控えてもらいたいことばかりですが、その時期ではお腹も大きくなり必然的に避けなければならなくなるので、あえて気をつけることではありません。

◆ハイヒールを履く

8e82edad5a11404ab8968d63d55f87f4_s

絶対にやめてほしいのが、ハイヒールの靴を履くことです。

妊婦の最大の敵は、転倒です。ハイヒールの靴を履くと転びやすくなり、転倒による流産のリスクが高まってしまいます。

◆きつめの服を着る

お腹がまだ小さいからと言って、きつめの服を着ることは避けなければいけません。なるべくお腹まわりは緩くて、赤ちゃんが苦しくならないような服を着ましょう。

 

 

PR