超心配!知らぬ間の【妊娠超初期の飲酒】で与えるお腹の赤ちゃんへの影響は?

超心配!知らぬ間の【妊娠超初期の飲酒】で与えるお腹の赤ちゃんへの影響は?

え?うそ…知らず知らずのうちにやってしまいがちな妊娠超初期の飲酒。気がついていなかったとはいえ、新米ママとしてはどうしたらいいのかボー然としてしまいますよね?赤ちゃんはどの位の月齢で、受けるとすればどんなダメージを受けるのでしょうか?

妊娠してたけど飲んじゃった…危うい妊娠超初期の飲酒

妊娠超初期の飲酒

まずはじめに赤ちゃんの月齢はどう数えるのでしょうか?

例えば妊娠1ヶ月は最終月経開始日から次回生理予定日をいい、前半の2週間はおなかに赤ちゃんが存在していません。この時期、多くの妊婦さんが「妊娠に気がつく前にアルコールを飲んでしまった」と、後悔してしまいます。

でも、大丈夫!妊娠超初期(妊娠0週~妊娠3週)に気づかず飲酒をしていた場合、胎児への影響はまずないとされています。安心しても大丈夫ですよ。

《妊娠超初期》のアルコールが胎児への影響がない理由

妊娠超初期といわれる時期はまだ胎盤ができておらず、本来なら母体から胎児へお母さんの血液を通じて栄養を送りますが、この頃はまだ送られていません。

実際に胎盤が作られ、胎児に栄養が送られ始めるのは妊娠4か月あたりといわれています。

なので、妊娠超初期の場合、たまたま知らずに飲んでしまったアルコールに関しては、影響がないといわれているのです。

神経質になるのも考えもの

妊娠超初期の飲酒による胎児への影響

妊娠がわかった時以前の飲酒について落ち込んでブルーになるよりも、やってしまった事はどうせ変えられないので、スッパリ気持ちを切り替えて以後飲酒を控える方が建設的ですよね。

でも、ここで考えてしまうのは、「妊婦だけどお酒って絶対飲んじゃダメなの?」という疑問です。

妊婦さんの中にはお酒好きな妊婦さんも少なからずおられます。妊娠という期間が決まっているのだから、その間はガマンするのが基本なのは言うまでもありませんが、そのために妊婦さん自身にストレスが溜まると、それはそれでよくありません。

産婦人科の先生に聞いてみると「1日1杯程度ならそこまで胎児に影響しないから、禁酒するのがストレスになるぐらいなら、たまに1杯飲むぐらいなら大丈夫」とのことだそうです。

しかし、これは、あくまでもこれくらいなら許されるという程度のことなので、飲まなくて済むなら禁酒するほうがベターなのはいうまでもありません。

胎児へのアルコールの影響

お母さんがアルコールを摂ると母体から血管・胎盤を通して、アルコールが赤ちゃんへ送られますが、胎児はとても小さくてアルコールに対する免疫もありません。

また、一旦赤ちゃんの体にアルコールが入ってしまうと、そのアルコールを排出するのにママの2倍の時間がかかるのだとか。その間、赤ちゃんはアルコールの影響をダイレクトに受けています。

大人の私たちでも、翌日までアルコールが残ると辛いのですから、小さな胎児はもっと辛いのですよ。

妊娠初期の飲酒はやっぱりこわい!

妊娠超初期を過ぎ、妊娠2~3か月、週数で言うと4~11週の時期、多くの妊婦さんはこの頃に妊娠に気づく事が多いようです。

この頃、お腹の赤ちゃんは日々めざましい成長を続けます。この時期に中枢神経・心臓・手足・目・鼻など主要な器官が形成されます。例えば妊娠2週を過ぎると脳や心臓が形成され始めます。

また、妊娠中期・後期のアルコールは、中枢神経障害や胎児発育の遅れが起きる原因になるので、妊娠中の飲酒は妊娠が発覚したらやめたほうがいいのは理解できるのではないでしょうか?

妊娠超初期だけじゃなく、妊娠中の飲酒は胎児に少なからず影響を与えるようです。曇りなく妊娠期間を過ごすためにも、超妊娠初期から飲酒は控えたいですね。後悔しないためにも。

PR