妊娠中に生魚を食べるのは避けるべき?妊娠中に積極的に摂取したい食べ物は?

妊娠中に生魚を食べるのは避けるべき?妊娠中に積極的に摂取したい食べ物は?

妊娠中に生魚を食べるのは、やっぱりあまり良くないの?と疑問に思う方も多いと思います。マグロの水銀が胎児にあまり良くないというのは、有名な話ですよね。でもどうしても妊娠中にお刺身やお寿司が食べたいという方も多いと思います。そんな方もオススメの裏ワザをご紹介。妊娠中に積極的に食べたいものも解説します。

妊娠中に生魚を食べるのは、やはり良くない?

妊娠中に生魚

妊娠中に生魚やお寿司を食べたいけど・・・そう思う妊婦さんも多いと思います。生魚は、やはり胎児にあまり良くないのでしょうか?

結果から言うと、やはりリスクはあるようです。特に大きな魚(マグロ、キンメダイ・メカジキなど)は、水銀を含んでいるケースも多く、摂取すると胎児に悪影響です。

また、やはり生魚には、細菌が含まれていることもあり、食中毒を引き起こすリスクもあります。食中毒を引き起こしてしまい、下痢の症状が重症化すると、切迫早産になってしまうなどの危険性もあります。

でも、お刺身やお寿司が好きな妊婦さんが、妊娠中にずっと食べるのを我慢するのもストレスになってしまうので、それもそれでよくありません。では、比較的安全で食べてもいい生魚は、あるのでしょうか!?

比較的安心して食べられる生魚の種類は?

では、妊婦さんも比較的安心して食べられる生魚をご紹介します。いくつか挙げますと、キハダ、アジ、タイ、サケ、ブリ、サバ、イワシ、サンマなどです。

これらの魚は、比較的食べても安心と言われていますが、食べ過ぎるとやはり食中毒になるリスクもあるので、食べ過ぎには注意して下さい。

可能なことなら加熱した魚を食べよう!

妊娠中は過熱した魚を

お寿司屋さんに行った時に、妊娠しているからという理由で何も食べられないのは、あまりにも辛すぎますよね。でも、生魚は、ちょっと怖いし・・・。

そんな人にオススメなのが、加熱されたネタです。エビや穴子などは、加熱して食べても美味しいのでオススメです。

牡蠣などの貝類は、加熱しても食中毒になってしまうリスクがあるので、可能な限り控えた方がいいでしょう。

妊娠中に積極的に摂取したい食べ物は?

緑黄色野菜をたくさん食べよう!

妊娠中は緑黄色野菜

では、次に妊娠中に積極的に食べたいものをご紹介します。

まずは、やはり緑黄色野菜です。妊娠中は、毎日大きなボール一杯分ぐらいの緑黄色野菜を摂取した方がいいと言われています。

緑黄色野菜は、ビタミン・ミネラルが豊富に含まれているので、母体にはもちろん胎児にも嬉しい効果がたくさんです。

クルミもオススメ!

妊娠中にクルミ

次に妊娠中に意外とオススメなのが、クルミです。クルミは、妊娠中に食べると良いと昔から言い伝えられています。

クルミには、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれているので、スタミナもついて妊娠中に心強い食べ物です。また、クルミは、おやつでも手軽に食べられるので嬉しいですね。

妊娠中の食事はバランスよく!が鉄則

みなさん、妊娠中の生魚の食べ方や妊婦さんに積極的に食べて欲しい食べ物について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

妊娠中は、バランス良い食生活を心がけることが一番大事なことです。

また、妊娠中に一番必要なものは、水分と言われています。つまり水をたくさん飲むことが大切です。

水分を多く摂取することで腎臓の老廃物を流したりすることも出来ます。また、尿路感染症やお腹の張りなども水を飲むことで防ぐことが出来ます。

特に夏場は脱水症状になりやすく、水分補給は欠かせません。朝起きてすぐや、寝る前にも水分を飲むようにして下さいね。

PR