妊娠中に辛い物は食べて良い?無性に食べたくなる激辛料理と気をつけるべきこと。

妊娠中に辛い物は食べて良い?無性に食べたくなる激辛料理と気をつけるべきこと。

妊娠中は、食の好みが変わったり、急に激辛の食べ物を食べたくなったりすることがありませんか?妊娠中に激辛の食べ物って食べて大丈夫なのでしょうか?香辛料があまり良くなかったりしないのでしょうか。そこで、今回は、妊娠中に激辛料理を食べたくなった時に気をつけるべきことをまとめました。

妊娠中は食の好みが変わったりしますよね。

妊娠中に激辛

妊娠すると今まで食べられたものが急に食べられなくなってしまったり、急に食の好みが変わったりすることは良くある話です。

例えば、今まで野菜が大好きで、基本的にうすあじの料理が大好きだった人が、妊娠してから急にジャンクフードが好きで、味の濃い、脂っぽい食べ物を無性に食べたくなったりすることがあります。

もちろん、妊娠中、つわりで食べ物があまり食べられないというときには、栄養ばかりに気をつけるのではなく、食べられる量を少しずつでも気にせずに食べるようにすることも大切なことです。

その中で、激辛の食べ物を無性に食べたくなった場合、妊婦さんは大丈夫なのでしょうか。刺激物が多いイメージがある激辛料理は妊婦さんにとってはあまり良いイメージがありまんよね。

そこで、妊娠中に激辛料理を食べるのはどうなのか、まとめました。

妊娠中に激辛料理って大丈夫?

妊娠中に辛いものは大丈夫

香辛料がたっぷり入っている激辛料理。その中で、妊娠中に食べない方がよいものなどは含まれていないでしょうか?

激辛料理には欠かせないスパイスたち。カレーはもちろん、坦々麺なども香辛料は色々と使われていますよね。激辛料理というと、カレーや中華料理、タイ料理などのスパイスが豊富に使われているものが多いイメージがあります。

唐辛子などと一緒に食べるスパイスは、妊婦さんに悪影響を及ぼさないのでしょうか。結論から言うと基本的には、多くのスパイスは妊婦さんにとってあまり影響がありません。

ローズマリーやジャスミンは大量に食べるのはNG

妊娠中にローズマリー

しかしながら、ローズマリーやシナモン、ジャスミンなどは、大量摂取すると子宮収縮を促してしまうことがあります。ですから、食べるときには大量に食べるなどはしないようにしましょう。

もちろん、切迫流産や切迫早産などでお腹が張りやすい妊婦さんは気をつける方が良いでしょう。

激辛料理を食べると下痢になってしまうという人も、気をつけた方が良いですね。

妊娠中は下痢になりやすい環境化において、さらに妊娠中に激辛の食べ物を食べると、もれなく下痢を催すというひとも少なくないかもしれません。

妊娠中の下痢は、下痢によって腸が刺激され、その刺激が子宮まで影響を及ぼしてしまうことから「妊娠中に刺激物を食べると子宮が収縮しやすくなる」ということはあります。しかしながら、それがきっかけとなって、流産や早産になるということはありません。

ただし、もともとお腹の張り止めを服用している人が、激辛の食べ物を食べたことによって下痢になってしまい子宮収縮が促されてしまう危険性があるのであれば、やはり、激辛のものはなるべく控えた方が無難かもしれませんね。

激辛の食べ物は妊婦にとって悪いものではない!

妊婦は激辛ものを食べても大丈夫

妊娠する前から激辛の物が大好きな妊婦さんが、急に激辛のものを食べてはいけないということはストレスが溜まってしまいますよね。

さらに、激辛の物は、血行を促すことができます。そういったところから、やみくもに妊娠中に激辛のものを食べてはいけないということでもありません。その時の体調などを加味しながら、適度の激辛物は食べても大丈夫でしょう。

妊娠中に、あれも食べてはいけない、などとストレスを掛けるよりは、大量に食べ過ぎない程度に激辛のものを食べることはそこまで問題ないでしょう。

PR