最近話題のヘルスリテラシーとはいったい何のこと??

最近話題のヘルスリテラシーとはいったい何のこと??

最近よく耳にする「ヘルスリテラシー」という言葉、皆さんご存知ですか?? ヘルスリテラシーとは、健康や医療に関する情報にアクセスして情報を得て使う能力のことを言います。ここでは、ヘルスリテラシーについて詳しく紹介します。高齢化社会に突入した現代では必要な能力ですよ。

ヘルスリテラシーっていったい何??

健康や医療に関する情報を活用する力

ヘルスリテラシーとは、簡単に言うと、健康や医療に関する情報を探して、理解し、活用する力のことを言います。

具体的には、健康的な生活を送るために、インターネットや本などを利用したり、専門家に相談し、治療方法や薬の効用などの情報を得て、使いこなせるようになる能力のことを言います。

健康や医療に関する情報を活用する力

なぜこんな能力が必要なの??

最近では、個人の価値観やライフスタイルが多様化し、また、様々な情報が溢れています。それに伴って、一人一人必要な情報が異なり、自分に適している情報を探して、吟味する能力がとても大切になりました。

このような社会の変化により、ヘルスリテラシーの向上が重要視されるようになったのです。

そして、実際、ヘルスリテラシーが高い人は、健康的な行動習慣が確立されていたり、仕事のストレスなどを対処することにおいて、積極的に問題解決ができ、他社からサポートを受けることができているようです。

ヘルスリテラシーを向上させるには??

情報を見極める目を持とう!!

一つの病気を調べるにしても、たくさんの情報が溢れています。

そこで大切なのは、たくさんの情報を目の前にした時に、情報源がきちんと記載されていて、信頼できる団体なのか、最新の情報なのか、情報に偏りがないか、ものを売るための情報などではないかを確認できる目を養いましょう。

これらの情報をしっかりと見極められることは、とても大切です。

情報を見極める目を持とう!!

信頼できる人に相談しよう!!

ヘルスリテラシーを向上させるには、迷った時に信頼できる人に相談することが大切です。他の人に自分の健康について相談する癖が普段からついていると安心ですよ。

信頼できる人に相談しよう!!

ヘルスリテラシーが低いとどうなる??

予防サービスが受けられない

ヘルスリテラシーの能力が低いと、マンモグラフィー健診やインフルエンザ予防接種、健康診断などの予防サービスを受けることができず、病気になりやすいと考えられます。

予防サービスを利用することは、病気を防ぐ第一歩です。ぜひ身に付けたい能力ですね。

予防サービスが受けられない

病気になりやすい!!

ヘルスリテラシーが低いと、病気や治療、薬などの知識が乏しく、ラベルやメッセージなどが読めないなどの弊害があります。

また、病気の初期症状に気づきにくい、慢性的な病気の管理ができない、すぐに入院をしてしまうなどの状況も考えられますよ。

病気になりやすい!!

健康を維持するためには外を歩こう!!

外を歩くとヘルスリテラシーが向上する!!

最後に、ヘルスリテラシーを向上するためにとても有効な手段を紹介します。それは、歩いて行動をすることです。

歩いて行動をすることで、顔見知りも少しずつですが増えていきます。すると、家族や近隣の人への信頼が深まり、近所づきあいやサークル活動が活発になります。さらに互いが助け合い、地域貢献する規範が出来上がります。

このような状況になると、歩いて散歩や買い物へ行くので元気になりますし、サークルや自治会などで情報交換ができるようになります。それが最終的には健康につながるという訳です。

外を歩くとヘルスリテラシーが向上する!!

健康を維持するには、情報を見極める目を持つことも大切ですが、まずは近所を歩くように心がけるといいかもしれませんね。

車でばかり移動すると、健康にもなれないですし、出会いも少ないですよ。

PR