忙しい人必見!短時間で疲れをとる方法はコレだ!!

忙しい人必見!短時間で疲れをとる方法はコレだ!!

仕事に遊びに勉強に・・・と現代に生きる方々は、男女問わず、忙しい毎日を過ごしている人がたくさんいらっしゃいます。そこで、ここでは、誰でもすぐに実践できる短時間で疲れをとる方法を紹介します!これで、アナタもあと少し自由な時間が手に入りますよ!!

短時間睡眠をしよう!!

短時間睡眠をすると自由な時間が増える!!

短時間で疲れを取るには、短時間睡眠ができるようになるのが良いでしょう。

短時間睡眠を正しく行うと、自由な時間が手に入ります。例えば、1日1時間睡眠時間を短くすると、1年で約15日分の自由な時間が手に入るという訳です。

これは、忙しい現代人にとって、嬉しいメリットですよね。

短時間睡眠をしよう!!

無理な短時間睡眠は危険!!

短時間睡眠は、自由な時間を捻出できるという嬉しいメリットがありますが、無理な短時間睡眠を行うと心身に負担をかけてしまい、病気やケガの原因になる可能性もあります。

従って、短時間睡眠を行う時は、健康を第一に考えながら行うことが大切です。

短時間睡眠で疲れを取るには??

寝る前にリラックスしよう!!

短時間で疲れをとる方法の中で最も重要な短時間睡眠ですが、短時間睡眠を実行するには、心身を寝る前にリラックスさせることが重要です。

なぜなら、心身がリラックスすると、横になった瞬間に深い睡眠に落ち、そのまま熟睡できるからです。

寝る前にリラックスするには、晩御飯を少な目にして何回も噛んで食べる、ぬるま湯につかり半身浴をする、寝る1時間前には、スマホやパソコンを見ない、ホットミルクやココアを飲む、ストレッチをするなどの行動が有効です。

また、血の巡りを良くすると睡眠が深くなるので、首元と目元を温めるようにしましょう。特に首元は、血管が多く集まるところなので、温めると血の巡りが良くなります。首元には温熱シート、目元には蒸しタオルや蒸気の出るアイマスクを利用して温めてみましょう。

その他にもリラックス方法は色々とあります。ぜひ、自分なりのリラックス方法を見つけて、熟睡できるモードに切り替えましょう。

寝る前にリラックスしよう!!

睡眠環境を整えよう!!

寝室の環境を整えることも、睡眠時間が短時間で疲れをとる方法の一つです。特に、室温、湿度、音、光に注意を払いましょう。

温度は、夏であれば26度~28度、冬は18度~23度が快適です。また、湿度は50%くらいが良いでしょう。

音は、図書館のような静けさが一番良いのですが、難しい場合は厚手のカーテンや耳栓などで対策をしましょう。

最後に光ですが、睡眠している時に光の刺激が全くない状態が理想です。できれば、部屋は真っ暗にして寝ましょうね。

睡眠環境を整えよう!!

自分に合う寝具を使う

短時間睡眠で疲れを取るには、寝具にこだわることも重要です。

枕は、高さや素材、形状が重要であり、寝つきの良さや頭痛などに影響があります。

また、ベッドや布団は、反発力と大きさを見ましょう。腰痛や肩こりの原因になる可能性がありますよ。

寝具を選ぶ時は、専門家に相談しながら、自分に合う寝具を選ぶことができると安心です。

自分に合う寝具を使う

少しだけ昼寝をする!

昼寝には、疲労を回復させる効果もあるのですが、夜の睡眠を深くする効果もあるという事が分かっています。従って、昼間時間がある時は、積極的に昼寝をするようにしましょう。

ただし、長い昼寝は禁物です。15分以内くらいがベストですよ。

少しだけ昼寝をする!

朝20分ほど日光を浴びる!!

朝起きた時に、20分ほど太陽の光を浴びると体内リズムが整い、日中の動こうという活力が湧くと同時に、就寝時間には、自然に眠気が襲うようになり、熟睡できる状態になります。

朝20分ほど日光を浴びる!!

PR