足が速くなる方法で俊足を手に入れよう!足が速くなるトレーニング方法

足が速くなる方法で俊足を手に入れよう!足が速くなるトレーニング方法

運動会で人々の注目を集める種目は、徒競走やリレーですよね。子どもがそのような競技に出るときは、誰よりも速く走って、一番になってほしいと願うのではないでしょうか?子どもが足が遅いと悩んでいる方へ、足が速くなる方法をご紹介しましょう。

1日たったの20分!毎日続けて俊足になろう

運動会のヒーローと言えば、徒競走やリレーで一位をとった子ではないでしょうか?

足が速くなる方法を知りたいという方へ、トレーニング方法をご紹介しましょう。すべてのトレーニングを毎日継続して行うことがポイントです。

足が速くなる方法Ⅰ大腰筋トレーニング

【大腰筋トレーニング Aスクワット】

足が速くなる方法の1つめのトレーニングは、大腰筋を鍛えることです。大腰筋というのは、背骨と太ももの骨を結び付けている筋肉のことで、上半身と下半身をつないでいる筋肉です。

大腰筋は、私たちが歩くときにも使われている筋肉で、この筋肉を鍛えることによって、転びにくくなります。では、大腰筋トレーニングの方法をご紹介しましょう。

【大腰筋トレーニング Aスクワット】
①両足を肩幅程度に開いて、腰に手をあてます。
②そのままゆっくりとしゃがみこんでスクワットをします。
③ひざを体よりも前に出さないように、お尻を後ろに突き出すことがポイントです。
④ゆっくりと腰を下ろして、5秒間キープし、ゆっくりと元の姿勢に戻します。
⑤5秒間休憩をして、10回繰り返しましょう。

【大腰筋トレーニング B腰上げ運動】
①仰向けになって寝ころびます。
②太ももを垂直にあげて、ひざを折り曲げて水平方向に伸ばしましょう。
③おなかを丸めて、骨盤を引き寄せて腰を上げていきます。
④足の反動を使ったり、背中を浮かさずにトレーニングをすることが大切です。
⑤このトレーニングも、10回繰り返して行いましょう。

足が速くなる方法Ⅱ体幹を鍛えるトレーニング

【足が速くなる方法 Aヒップリフトトレーニング】

走るときには腕を振りますが、肩にブレがあると、余計な力が入ってしまい、走るスピードが遅くなってしまいます。体のブレをなくす為に、体幹を鍛えるトレーニングを行いましょう。

【足が速くなる方法 Aヒップリフトトレーニング】
①仰向けになって膝を立てます。
②手をお尻の横につけて、腰を上げていきましょう。
③なるべく高い位置でキープし、5呼吸間カウントします。
④キープし終わったら、ゆっくりと腰を元に戻し、5呼吸休みます。
⑤10回繰り返します。

【足が速くなる方法 Bダイアゴナルトレーニング】
①四つん這いになります。
②右手を耳の高さまで上げます。
③左足を後ろに蹴り上げます。
④安定した姿勢で10秒間キープします。
⑤左右の手と足を変えて行います。
⑥これを10セット行いましょう。足と手が一直線になることが大切です。

足が速くなる方法Ⅲ走り方を鍛えるトレーニング

【足が速くなる方法 Bもも上げトレーニング】

足が速くなるためには、腕を大きく振ったり、肩を揺らさずに走ることが大切です。腕ふりやもも上げのトレーニングをご紹介しましょう。

【足が速くなる方法 A腕振りトレーニング】
①腕を後ろからひっぱられるように、前後に振るトレーニングです。
②横に振れることがないように、脇を締めて手をグーの形にして、前後に10回大きく振りましょう。
③正しいフォームになるまでは、ゆっくりと振ることが大切です。
④正しいフォームが取れるようになれば、スピードを上げて振ります。

【足が速くなる方法 Bもも上げトレーニング】
①太ももがお腹にぴったりとつくぐらい、高くもも上げをしましょう。
②左右合計で10回行います。

PR