天然由来とはどういう成分なの?天然成分とはどう違うの?

天然由来とはどういう成分なの?天然成分とはどう違うの?

天然由来とはどういう成分のことを言うのでしょうか。化粧品の広告などでよく見かける天然成分と天然由来成分には違いがあります。天然成分は素材からそのまま取り出した成分を指し、天然由来成分は天然素材に化学的な処理を施した成分のことです。

天然由来とはどういう成分なの?

化粧品のキャッチコピーによく使われますが

天然由来とはどういう成分なの?

化粧品の広告を見ていると、天然成分や天然由来成分などと書かれた宣伝文句をよく見かけます。

どちらもお肌にはよさそうなイメージがありますが、天然成分と天然由来成分の違いとは一体何か疑問を感じたことはありませんか?

天然成分とは?

天然成分とは?

天然成分とは、天然の素材から取り出した成分のことを現わします。素材そのものに手を加えない状態のものです。精油やエッセンシャルオイルが天然成分と言われるものです。

植物からエキスを取るためには色々な方法が用いられています。植物に熱湯をかけて浸出液を取り出す方法や、植物を水で煮だした煎じ液や、アルコールに植物をつけて浸出させるチンキなどがあります。

精油やアロマオイルはそのまま使用すると刺激が強いため、水で薄めたり、マッサージオイルなどで薄めたりして使用します。

天然由来成分とは?

天然由来成分とは?

天然由来成分とは、天然の原材料に処理を加えた成分のことを言います。

化学合成成分が配合されているケースがほとんどです

化学合成成分が配合されているケースがほとんどです

天然由来とはすべて天然の成分で出来ていると思われがちですが、化学合成成分が含まれています。

化学合成成分と聞くと、お肌にダメージがありそうなイメージがあります。しかし化粧品として使用するためには、製品の品質が安全なものでなければなりません。

化学的な処理をしないままで天然成分を使用すると、腐りやすくなるため、化粧品として使用することができません。そのため化学的な処理は、製品を安全に使用するためには必要な処理でもあるのです。

天然由来成分の化粧品を選ぶときも、必ずどんな成分が含まれているかチェックして購入するとよいでしょう。

オーガニックなら安全に使用できるの?

広告でよく見かけるオーガニック化粧品とは?

広告でよく見かけるオーガニック化粧品とは?

オーガニックとは有機肥料を使用して栽培されたもののことを指します。

オーガニックコスメは安全な印象がありますが、実は違います。化粧品の含有成分の一つにオーガニックを使用していれば、オーガニック化粧品として販売することができるのです。

そのため、オーガニック化粧品を購入する時は、成分表をしっかり確認してから使用するようにしましょう。

無添加なら安全なの?

無添加なら安全なの?

無添加化粧品は実際には存在しません。実は、表示指定成分が無添加だという意味で市販化されている場合がほとんどです。化粧品を販売させるには、品質を保つために化粧品の劣化を防ぐための化学的合成物質が必要なのです。

無添加と書かれていると、消費者は肌によさそうな化粧品だと思い込んでしまいますが、実は表示成分が無添加だけなので注意が必要です。

化粧品選びは信頼出来る製造元で

肌によい化粧品を選ぶには一体どうしたらよいのでしょうか。

天然由来成分もオーガニックも無添加も結局のところ、信用できる製造先で作られた製品を使用した方が無難です。合成化合物が使用された化粧品も、品質を保つためには必要な処理でもあります。

最終的な判断は、やはり色々な化粧品を試してみることが必要になります。スキンケア用品は特に肌に合うものを選びたいので、いろいろなサンプルで自分の肌に合うものを探していくと失敗がありません。

PR