がんに罹った有名人とは?有名人って一般人に比べるとがんになりやすいの?

がんに罹った有名人とは?有名人って一般人に比べるとがんになりやすいの?

がんに罹った有名人についてご紹介します。がんは誰でもがなる可能性のある病気です。早期発見すれば完治する可能性も高まりますが、有名人の場合、多忙による発見の遅れや日々のストレスによって、一般人に比べるとがんになる危険性が高まるかもしれません。

がんに罹った有名人とは?

テレビのニュースで驚かされることも!

テレビのニュースで驚かされることも!

がんに罹った有名人はたくさんいらっしゃいます。ある日、テレビの報道番組やニュースなどで、突然のがん告白に驚かれることもあるのではないでしょうか。

乳がんになった有名人とは?

乳がんになった有名人とは?

北斗晶さんや川村カオリさん、樹木希林さんなどがいらっしゃいます。

乳がんになる確率とは?

乳がんになる確率は、12人に1人だと言われています。女性に多いがんでもあるので、乳がん検診は必ず受けるように心がけましょう。

昔に比べると乳がんは増加傾向に!

昔に比べると、食生活が豊かになり、生活習慣も大きく変わりました。

そのため女性ホルモンのバランスや分泌にも大きな影響を与えてしまい、乳がんになる人が増加してきました。40歳以上で高齢出産、肥満、閉経時期が遅い人、身内が乳がんになったことがある方は、なりやすい傾向があります。

咽頭がんになった有名人とは?

咽頭がんになった有名人とは?

つんくさんや忌野清志郎、立川談志さんなどがいらっしゃいます。

咽頭がんになる原因とは?

咽頭がんになる原因とは?

声を出す職業だから咽頭がんになるわけではありません。一番大きな原因は喫煙とアルコールの摂取です。タバコ好き、普段からお酒をたしなまれる方は要注意のがんです。

胃がんに罹った有名人とは

宮迫博之さんや黒木奈々さん、黒木奈々さんなどがいらっしゃいます。

胃がんの原因とは?

塩分の高い食べ物や飲酒、喫煙、ストレスやピロリ菌などが原因です。

日本人がなりやすい胃がん!

日本人がなりやすい胃がん!

日本人がなりやすい胃がんは死亡率も高いため、早めに早期発見するように心がけましょう。初期は無症状のままで本人さえも気がつかない場合があります。

有名人は一般人に比べるとがんになりやすいの?

time-1739626_640 時間 忙しい

有名人は一般人と比べるとがんになりやすい傾向があるかもしれません。有名人は有名になるほど多忙となり、自由な時間や休息する時間も限られてきます。

これによって自律神経が乱れ、ホルモンのバランスが崩れていき、免疫力も低下するため、一般人に比べるとがんになる有名人が増えていくのです。

また有名人の場合、日々のストレスを緩和させようとタバコやお酒についつい手が出てしまうことがあります。また慢性的な睡眠不足状態の生活が続くことが原因で、がんに罹り易くなるのかもしれません。

有名人は常にストレスに晒されている!

有名人は常に人々の注目を浴び続けています。仕事をしていない日常生活でも、常に好奇心の目に晒されており、プライベートの時も気が抜けません。そのため、心の健康を壊してしまう有名人も多くいらっしゃいます。

実は過剰なストレスがあるとがん細胞が発生しやすい傾向があります。また過密なスケジュールによって精神的ストレスだけではなく肉体的なストレスを感じることもあります。

精神的なストレスは、身体の免疫力を低下させるため、がん細胞が発生しやすくなってしまいます。また肉体的なストレスは、体内で活性酸素が増えてしまうため、ガン細胞が発生しやすくなってしまうのです。

がんを予防するためには

がんを予防するためは、やはり規則正しい生活をすること、ストレスを溜めないことです。タバコは吸わないこと、他人の煙も吸わないようにすること、お酒は控えることが大切です。

他にもバランスの良い食事や塩分を控えること、野菜や果物を毎日食べるようにすること、運動をすることや、体重管理などが必要でしょう。

PR