妊娠したらすぐに実践しよう!妊娠線の対策で絶対しておきたいコトとは??

妊娠したらすぐに実践しよう!妊娠線の対策で絶対しておきたいコトとは??

妊娠すると、まず気になるのが妊娠線。実際、妊婦さんのほとんどが妊娠線に悩まされています。しかし、妊娠が分かったらすぐに、妊娠線の対策をしていれば、防ぐことができます。 ここでは、妊娠したらすぐしたい妊娠線の対策方法を紹介します♪

妊娠線ってなに??

妊娠線が出たお腹

妊娠線と聞いても、実際に妊娠をしたことがない方はパッと思いつかないですよね。

妊娠線とは、お腹などが急激に成長することによって、皮膚がその伸びに耐えられなくなりできる亀裂のようなものを言います。

妊娠中は、胎児の成長に伴い、お腹だけでなくバストやヒップも大きくなります。皮膚の表面は成長に合わせて伸びるのですが、その下にある真皮や皮下組織は急激な成長に対応できません。

そのため、妊娠線として皮膚へ現れるという訳です。

妊娠中は皮膚の弾力も落ちる

妊娠中は女性ホルモンの影響で、皮膚全体の弾力が落ち、断裂が起きやすいとも言われています。これも、妊娠線ができる主な原因の一つです。

妊娠線は一度できると消えない!!

妊娠線の跡

「妊娠線ができても、出産すれば消えるんでしょ」と考える女性の方もいるかと思いますが、それは大間違いです。

妊娠線は、一度できてしまうと二度と消えることはありません。

出産後、時間が経過すると他の肌と同じような色に変化しますが、妊娠線は他の皮膚とは違い、テカテカとしていて、遠くから見てもしわが寄っているように見えてしまいます。

ですから、妊娠線を予防することが大切なのです。

妊娠線は、一度できると一生消えることがないので、ビキニを着たり、温泉に入る時などは、悩みの種になる方も多いようです。

また、足にできる方もいるので、そのような方は、ミニスカートなどを履く時も気になりますよね。

一度できると消えることがない妊娠線。嫌ですよね。しかし、しっかり対策をすれば、妊娠線を作ることなく、出産を迎えることができます。

ここからは、妊娠線の対策方法を2つ紹介します。これさえやっておけば、きっと大丈夫ですよ!

保湿をしっかりしよう!!

妊娠線の予防はマッサージ

とにかく妊娠線ができやすいお腹や太もも、胸などにクリームやオイルを塗りまくりましょう。

この時、化粧水を付けて水分補給してからクリームを塗るようにしましょうね。クリームだけでは、水分補給ができません。

ドラッグストアなどでは、妊娠線予防専用の高いクリームがたくさん販売されていますが、実際は保湿さえできれば何でも良いです。高価なものではなく、お値打ちなクリームでも十分ですよ。

クリームを塗る時は必ずマッサージを!!

保湿クリームやマッサージクリームは、手のひらでしっかりマッサージをしながら塗りましょう。

マッサージをすることで、血の巡りが良くなり、妊娠線の予防効果も上がります。また、基礎代謝も上がるので、脂肪が燃焼し、引き締め効果を得られますよ。

体重管理をしっかりしよう

体重計

妊娠中は、母子の健康のため、体重増加は8~10Kg程度と言われています。この体重をキープして、妊娠線ができないようにしましょう。

また、医師からアドバイスをもらいながら、ウォーキングやヨガなどの簡単な運動をするのも効果的です。妊娠線は皮下脂肪が割れてできるので、日頃の運動で筋肉を付けておけば、皮膚が割れるのを防ぐことができますよ。

体重をしっかり管理できれば、妊娠線をできにくくするだけでなく、母子ともに健康で過ごすことができ、出産も比較的ラクです。

また、出産後、すぐに体重が戻りますよ。妊娠中は、体重が増え過ぎることがないようにしましょうね。

妊娠線を作らない方法、分かりましたか? 妊娠初期の段階からクリームを塗り、体重管理をしっかりすれば、妊娠線ができる確率を減らすことができます。

妊娠が分かったら、ぜひ実践してみて下さいね。

PR