なかなか起きられない方必見!ロングスリーパーとは何か??

なかなか起きられない方必見!ロングスリーパーとは何か??

日本人の平均睡眠時間は、基本的に7~8時間と言われていますが、それよりも長いとロングスリーパー、短いとショートスリーパーという名称で呼ばれています。そこで、ここでは、ロングスリーパーとは具体的にどんな症状なのか、改善策があるのかなどをまとめたいと思います!寝ても寝ても眠たい方必見ですよ!!

ロングスリーパーって何?

1日の睡眠時間が9時間以上の人のこと!

日本人の平均睡眠時間は現在7時間前後と言われていますが、この状況は年々短くなり、夜なかなか寝付けない人や、仕事などで睡眠時間が十分に確保できない方がかなりいます。

そんな状況の中、ロングスリーパーとは1日10時間以上睡眠時間が必要な方々のことを言います。これは、体質から来ているもので治療して治るものではありません。

1日の睡眠時間が9時間以上の人のこと!

ロングスリーパーのメリット

ロングスリーパーの人は、レム睡眠とノンレム睡眠を人より多く繰り返すことができます。従って、ホルモンバランスのズレや、嫌なことをリセットしやすくなります。

デメリットは??

ロングスリーパーの人は、本来であれば10時間ほど睡眠を取らないといけないのに、仕事などでどうしても睡眠時間が取れず、無理やり体を起こしている状態になります。すると体が思うように動かなかったり、仕事に支障をきたす可能性があります。

また、24時間の内10時間も睡眠に当てないといけないので、普通の人と比べると使える時間が少なくなるのも大きなデメリットです。

デメリットは??

ロングスリーパーの判断方法は??

睡眠時間と昼間の様子を観察する!

ロングスリーパーの定義は分かっていても、自分が本当にロングスリーパーかどうかは分かりにくいですよね。

しかし、自分で簡単にチェックする方法があります。具体的には、9時間以上寝ないと昼間ボーっとしてしまい作業に集中できない、居眠りしたくなってしまうかどうかを考えます。

例えば、本当は6時間ほどの睡眠でもシャキッとできるが、用事がないと10時間くらい寝てしまうという方は、ロングスリーパーとは言えません。

睡眠時間と昼間の様子を観察する!

ロングスリーパーの改善方法は??

睡眠環境を整える!

まずは、寝る場所の状態をきちんとしましょう。布団や枕は、定期的に干して、湿度の高い状態は避けるようにしましょう。

また、エアコンの電源など、少しのライトも睡眠を邪魔します。寝る直前のスマホも睡眠の質を落としてしまいます。従って、わずかな光も遮るようにし、睡眠の質が上がるよう心がけましょう。

睡眠環境を整える!

ストレスを溜めない!!

ロングスリーパーの方は、即断即決が苦手で周囲の人に合わせようとする方が多いようです。また、自営業など収入が安定しにくい職についている方はストレスがたまりやすく、ロングスリーパーになる傾向があるようです。

ストレスを普段から溜め込んでいると長時間の睡眠が必要となるので、できるだけストレスを溜めこないようにしましょう。

ストレスを溜めない!!

睡眠を浅くする物の摂取をしない!!

コーヒーやアルコール、タバコなどを摂取すると眠りが浅くなる傾向があります。

コーヒーはカフェインが含まれているので、眠りにくくなるだけでなく眠りを浅くしてしまいます。アルコールは、少し飲むだけであれば眠気を誘うので良いのですが、大量に飲んでしまうと脳が完全に休むことができません。

タバコに含まれるニコチンも覚醒してしまいますよ!

睡眠を浅くする物の摂取をしない!!

昼間は活動的になろう!!

昼間にしっかり活動できていないと睡眠の質は下がってしまいます。睡眠と体温の関係はとても深い関係にあり、体温の振れ幅が大きいとよく眠ることができます。

昼間活発に活動すると体温の振れ幅が大きくなるので、しっかりと活動するようにしましょう。

昼間は活動的になろう!!

PR