妊娠したい人必見!子宮に良くない生活習慣を改善しよう!

妊娠したい人必見!子宮に良くない生活習慣を改善しよう!

「妊娠を希望しているけどなかなかできない・・・。」「将来妊娠するか不安・・・。」って考える人、子宮に良くない生活習慣はありませんか?どんなことがよくないのかチェックして、お腹に赤ちゃんを迎える準備をしていきましょう!

普段生活をしていて”子宮によくない生活習慣”なんて気にしていますか?

なかなか”子宮”に対してと言われてると取り組むということは少ないですが、今回はそこに注目してチェックしていきましょう!

子宮に良くない生活習慣ってどんなことがあるの?

湯船につからず、シャワーで済ませている子宮によくない生活習慣

ついつい手軽だからと、普段の入浴をシャワーだけで済ませていませんか?

シャワーだけだと身体全体を温めることができませんし、温まったとしても身体の表面のみという状態になってしまい、身体がすぐに冷えてしまいます。そうなると身体の内部にある子宮はもちろん温まることがありません。

湯船につかることで血行が促され、身体の芯から温まりますよ。

ウエストや腰を締め付けるような服をよく着る

子宮によくない生活習慣は締め付ける服を着ること

ジーンズといったら今はスキニータイプが主流ですよね。となると必然的に履く機会が増えるのですが・・・。

正直、腰回りなどを締め付ける服は子宮によくありません。というのも、やはりここでも”血行”が悪くなるといった理由です。

履くな! というわけにはいかないので、履く時間を短くするなどして対応するのはどうでしょうか?

椅子に座ると足を組むクセがある

椅子に座る時、ついつい足を組んでいませんか?

足を組んで座る方が楽だって人もいますよね。でもそれって骨盤がゆがんでいるからかもしれません!

真っ直ぐ座るほうがしんどいというのは、やはりどこかがゆがんでいる証拠です。そしてそのままの状態だとまたまたですが、血流が悪くなってしまう原因となります。まずは足を組む習慣をなくすように心がけてみてくださいね!

どうですか? いろいろ思い当たるふしがある人、多いのではないですか?

他にも”ストレス”を感じるとホルモンバランスがおかしくなるといった報告もあるそうです。心身ともに健康であることが、子宮の健康にもつながるということなんですね。

子宮によくない習慣が続くと子宮の老化が!!

女性が一生で経験する生理の回数が、昔に比べると10倍になっていると言われています。ということは子宮を酷使しているってことになりますよね! 子宮を酷使すると卵子にもよくない状態に・・・。

卵子というのは、実は年々減っていくものなのです!そして卵子自体の形もいびつになったり、その機能自体も低下してしまうんだそうです。。

そうすると妊娠もしづらくなってしまうという悪循環。だから高齢になると妊娠しづらいといったことが言われるようになるんですね。

ちなみに男性側の精子も老化をすると言われているので、妊娠しにくいことが女性側だけの責任ではないことも覚えておいてくださいね!

生活習慣を見直して妊娠を目指しましょう!

子宮によくない生活習慣を直して子宮にいい生活習慣にしよう

なかなか妊娠しないからといって、何もせずというのももったいない話です。まずは自分でできること、”生活習慣の改善”を取り組んでみるところから初めてみてはどうでしょうか?

上記にあげたよくない生活習慣を見直すだけでも子宮にいいこと、身体にいいことって感じがしませんか?

他にも身体を冷やさないようにしてみたり、食事の改善をしてみたりと手軽にできるものをプラスするのもいいですよね!

あと睡眠もとっても大切! 睡眠はとって損は絶対にありません! 身体にいい! そして肌にいい!

女性にうれしいことをいろいろして、ぜひとも取り組んでみてくださいね☆

PR