取り入れにくい”葉酸”は妊娠初期にグレープフルーツを食べて効率よく摂取しよう!

取り入れにくい”葉酸”は妊娠初期にグレープフルーツを食べて効率よく摂取しよう!

妊娠初期にグレープフルーツってよく聞きますよね。いったい何がいいんでしょうか?そして気になるのがグレープフルーツのジュースでもいいのか?ってことです。妊娠初期の気になるあれこれも含めてチェックしていきましょう☆

妊娠初期って気になることがいっぱいですよね! そんなあなたと、気になることを一緒にチェックしていきます☆

妊娠初期にグレープフルーツって食べた方がいいの?

グレープフルーツに含まれている栄養素に大注目!

妊娠初期にグレープフルーツ

妊娠中ってしっかり栄養って取りたいものですよね。そして妊娠中だからこそしっかりとりたい栄養素もあります。

グレープフルーツは、妊娠中絶対に摂取しておきたい「葉酸」と「ビタミンC」を多く含んでいます。

葉酸は妊婦期には1日に340マイクログラム摂取することが推奨されているそうで、グレープフルーツ(1個)というのはその約1割の約30マイクログラムを含んでいるそう。

そしてビタミンCは推奨されている摂取量は110ミリグラム程度なのですが、グレープフルーツ1個に72ミリグラムと約7割を摂取することができますよ

どうして妊娠中は「葉酸」と「ビタミンC」を取った方がいいの?

どんなことが期待できるんでしょうか?

妊娠初期にグレープフルーツを食べたほうがいい理由

「葉酸」は新しい細胞を作る手助けをする栄養なんだそうです。

お腹の中に芽生えた赤ちゃんは新しい細胞をたくさん作りながら成長していきます。なのでここで細胞を作らなければ赤ちゃんの成長の妨げとなってしまうのです。

残念ながら葉酸というのは取りにくいもので、水溶性で蓄えるといったこともできないので、毎日定期的に摂取することが大切になるそうです。とくに妊娠初期に葉酸をしっかりとることで神経系での障害リスクが軽減できるとか。

受胎前後からとっているとさらに良いそうなので、妊娠を希望しているひとは普段から葉酸をとるほうがいいとされていますよ。

「ビタミンC」については摂取をすることで風邪をひきにくくなったり、美肌が期待できたり。妊婦というだけでなくしっかり普段から摂取していきたい栄養ですよね!

グレープフルーツってジュースでもいいものなの?

手軽にとりたいときにジュースっていいですよね。

ジュースというのは加熱処理されていたりと、生の状態で摂取するときと含まれる栄養素というのは変わってしまうことがとても多いそうなのです。なので、購入する際には「成分表」をしっかりチェックすることをオススメします!

例えば「トロピカーナピュアプレミアム グレープフルーツ」については成分無調整ということで、栄養素もジュースにしては含まれているものと考えていいと思います!

ちなみに・・・実はこのシリーズのオレンジの方が、葉酸が含まれているんですよ!

最後に

グレープフルーツだけで葉酸を摂取しようと思うのはやめてくださいね。果物ですから果糖も含まれているので取りすぎると体重増加の原因にもなってきます。

葉酸はほかにもブロッコリーやアスパラガス、枝豆などの食材にも含まれていますよ!

それでもなかなかとりにくいときはサプリメントを利用するものいいですね。妊婦さんに必要なものが効率よく摂取できるようなものなども販売されているので、ぜひともチェックしてみてくださいね。

妊娠初期は悪阻もあることが多く、食べたいものや食べたほうがいいものなどが食べにくい時期でもあります。

グレープフルーツは比較的悪阻でも食べやすいもののひとつであることが多いので、ぜひとも食べてみてくださいね!

PR