海外の病人食が予想以上に凄かった!食べるか食べないかはあなた次第!

海外の病人食が予想以上に凄かった!食べるか食べないかはあなた次第!

海外の病人食はどんなものが出るのか考えたことはありますか?日本の病人食といったらおかゆが定番ですよね。海外ではどのようなものを食べているのでしょう。いろいろとみてみて、日本のほうが良いと思う方もいるでしょうし、海外のものも食べてみたいという方もいるかもしれません!話のネタになること間違いなしです!

海外の病人食ってどんな!?

だんだん気温が下がってきて、体調を崩す人が多くなる季節になっていました。

そんな時期にちょっと気になるのが病人食。日本人の定番はお粥やうどんですが、海外ではどのようなものを食べるのでしょうか?

調べてみたらそれぞれの国の特徴が分かってとっても面白いんです! 話のネタにもできる、ちょっとした豆知識を蓄えましょう!

アメリカの場合!

アメリカの場合!

医療でも技術でも世界をリードするアメリカの病人食は、どのようなものなのでしょうか?

さすがアメリカ! 病人でもお構いなしに揚げ物が出る場合があるみたいです!

一般的には、チキンスープなどの温かいスープや、ヌードルなどが出されるようです。しかし州や、病院によっては揚げ物がたくさんでるというところもあるみたいです。

日本人の病人食は質素なイメージが強いですが、アメリカの病人食は普段とあまり変わらないものが出てくるみたいです。

フランスの場合!

フランスの場合!

お菓子の国フランスの病人食にはケーキがあることが多いみたいです。病人なのにケーキを食べる元気があるのがスゴイですね。さすがフランス人です。

風邪を引いたらフランス人が一番に飲むのはホットワインなんだそうです。

砂糖を入れたり、シナモンを入れたりして飲むそうです。日本でいう、しょうが湯のようなものだと思います。

ポーランドの場合!

ポーランドの場合!

ポーランドの病人食は日本よりも質素かもしれません。

パンにピクルスにソーセージが一つの小さなお皿の上にのってやってきます。病人なので食べて元気を出すはずが、質素すぎて逆に治るのが遅くなってしまうのではないか心配になってしまいますね。

胃が弱っているときにちょっと食べる分にはよさそうです!

韓国の場合!

韓国の場合!

お隣の国、韓国はヨーロッパやアメリカなどの国と比べて日本と似た文化を持っている国なので病人食も似ています。

一般的にはお粥や、牛を使った熱いスープなどが食べられているそうです。しかし、ただのお粥やスープではなく、病人食でもキムチやトウガラシを入れる韓国ならではの辛い病人食になっています。

胃のことを心配してしまいますが、辛い物を食べて汗をいっぱいかいて早く治そうという考えのようです。

やっぱり日本の病人食がいいのかな?

日本人にとっては、やはり日本の病人食が一番いいなと思うのではないでしょうか?

食文化については、日本は世界をリードしている存在です。特に健康面の点で、和食は非常に良いものとして注目されています。

体が弱っているときには、やはり優しい日本の病人食が食べたくなりますよね。

日本の病人食の定番といったらやっぱりお粥ですよね。煮る時間を調節することによって、体調の回復に合わせた食事ができます。

梅を入れたり、ゴマを入れたり味を変えて楽しむこともできます。

 やっぱり日本の病人食がいいのかな?

また、煮込んだうどんも定番だと思います。

野菜たっぷりのうどんは、一度に栄養をたくさん摂ることができます。一般的な病院では卵や魚、野菜を使ったヘルシーなおかずもついているので、効率よく体調を回復させることができます。

病院食ときくとマイナスなイメージを持つことが多いと思いますが、世界の食事と比べれば日本の食事の良さが分かると思います。

これからはしっかり噛みしめて食べるようにしたいですね!

PR