これって大丈夫?妊娠中期のおりもの、「安全」「危険」の見分け方

これって大丈夫?妊娠中期のおりもの、「安全」「危険」の見分け方

妊娠中の身体の変化っていろいろ気になりますよね。今回は妊娠中期のおりものについて調べていきたいと思います!参考にして、自分自身の身体の変化をチェックしてみてくださいね!もしかしたら要チェックなものもあるかもしれませんよ。

妊娠中期といえば、つわりも治まってきたり、流産の危険性も減ってくる、いわゆる”安定期”の時期ですよね。

そんな妊娠期間中でも安心できる時期ですが、それでも気を付けておくべきことはいっぱい! その中でも今回は「おりもの」についてチェックしていきますよ!

妊娠中期のおりものって何かチェックしておいたほうがいいの?

妊娠中期はおりものの量が多くなる!

935e375384ae0b9abb931cf4c07fba98_s

妊娠中は女性ホルモンの働きが多くなり、それによっておりものはどうしても多くなってしまうそうなのです。

このころのおりものは色が白っぽかったり、薄いクリーム色といった状態に。そして水っぽいものです。

さらに匂いは酸っぱい感じがする印象をもつことが多いようです。

おりものの”色”に注目!

妊娠中期のおりもの

通常が白っぽいものということは、褐色系の色であったり、明らかに血液が混ざっているものについてては要チェックです!他にも黄色や緑色といったこともあるそう!

そして見た目ではボロボロとした粉チーズのようなものになってると要注意!

おりものの”匂い”に注目!

酸っぱい印象をもつのは通常ですが、それが魚が腐ったかのような匂いがするときは要注意!

それぞれのおりものの状態で何が考えられるかチェックしてみよう!

色が褐色系や黄色・緑色のときは?

褐色系・・・血液がおりものに含まれているときは切迫流産や早産といった危険が伴っていることも! かかりつけの産婦人科が診察時間内であったら急いで受診をすることをオススメします。もし診察時間外である場合は電話などで連絡し、指示を仰いでください。

黄色・緑色・・・腟炎や頸管炎といった感染症や細菌性腟症になっていることも! これ以上ひどくならないよう、かかりつけの産婦人科を受診するようにしてくださいね。

見た目がボロボロしていたり、なんだか泡状のときは?

見た目に水っぽさがなくボロボロしているときは「カンジダ腟炎」になっている可能性が考えられます。ほかにも細かい泡状のおりものであったら「トリコモナス腟炎」といった感染症の可能性も。

見た目で水っぽいとありますが、下着がべちょべちょになるぐらいである場合は「破水」ということも考えられるので、その場合はかかりつけの産婦人科を受診し、その旨を伝えるようにしてくださいね。

実はおりものは女性にとってなくてはならないものだった!

おりものってなんだかうっとうしいものだと思っていませんか? 実はおりものは女性をばい菌から守ってくれているんだそうですよ。

おりものというのは子宮の出口や腟から分泌される粘液になるのですが、そのおりものによってばい菌などの侵入を防いでいるのです!

でもそのおりものが妊娠中になると多くなってきます。その守ってくれているはずのおりものが下着に付着し、そこでばい菌を繁殖されてしまうといったことがおこってしまうのです!

ですので、おりものシートをこまめに変えるなどして、清潔に保つようにすることが大切になってくるそうですよ!

最後に

おりものというのは、妊娠中の体調変化をみるのにとても大切なものになってきます。ぜひともトイレに行ったときなどはちょっとその状態を気にするよう心がけてみてくださいね。

その変化を感じることによって、何かのシグナルを読み取ることができ、”危険”の早期発見につながるかもしれませんよ!

PR