簡単!ズボラでもできる薄毛対策にいい食事

簡単!ズボラでもできる薄毛対策にいい食事

人間の体は日々の食事から栄養を得て作られているため、はげを改善させるためには栄養バランスのいい食事が大切だと言われていますが、栄養バランスを考えながら毎回食事をすることはけっこう大変です。そこで、今回はズボラな人でもできるはげ対策にいい食事方法を紹介します。

栄養バランスは重要だけど…。

はげ対策にいい食事

人間の体は日々の食事から栄養を得て作られているため、薄毛対策にいい食事とは、栄養バランスのいい食事をすることだと言われています。

髪の毛にいい栄養素には、タンパク質、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンEなどがあり、髪の毛に関するWEBサイトや本のほとんどには、これらの栄養素を積極的にとりながら、栄養バランスのいい食事をすることが薄毛対策にいいと書かれています。

しかし、言葉では理解をしていても、毎回の食事で栄養バランスを考えることは簡単なことではないため、ズボラな人でしたら、すぐに挫折をしてしまいそうな気がしませんか?

素人が栄養バランスを考えながら食事をすることは、簡単なことではありません。

食品成分表の内容を把握していれば、食材の中に含まれる栄養素がわかるため献立も立てやすいですが、一般の人が食品成分表の内容を覚えることは難しいですし、ズボラな人でしたら考えただけで食事を見直すことをやめてしまいそうです。

継続的におこなうことで効果が現れるため、薄毛対策にいい食事は途中でやめてしまうな面倒臭いものであっては意味がありません。

栄養バランスをパッと判断する方法

薄毛対策にはなるべく自炊を

はげ対策には自炊

食事には、家で自炊をする方法と外食をする方法の2つの方法があります。

薄毛対策にいい食事は、栄養が偏りがちな外食よりも、栄養バランスを考えて自分で献立を作ることのできる自炊が良いと言われています。

素人でも簡単!栄養バランスチェック方法

栄養バランスを考えたお弁当

食品成分表を見なくても、パッと見るだけで栄養バランスを判断できる方法の一つに「3:1:2弁当箱法」という方法があります。

3:1:2弁当箱法とは、NPO法人食生態学実践フォーラムの、足立己幸先生と針谷順子先生が考えた方法です。

自分に必要な摂取量が入る弁当箱に、主食3、主菜1、副菜1の割合で食材を詰めていく方法で、一段の弁当箱の場合は、半分にお米などの主食を詰めて、1/3に肉や魚などの主菜、2/3に野菜やきのこ、海藻などの副菜を詰めていきます。

とても簡単な方法ですが、弁当箱に詰めることで余分に食事をとることがなくなりますし、パッと見るだけで栄養のバランスを判断することができます。

ただし、油を使った料理は1品にとどめて、塩気の強い料理は避けるようにしましょう。

しかし、薄毛に悩んでいる中には、自炊よりも外食やコンビニ弁当が多い生活を送っているという人もいるでしょう。

薄毛対策にいい食事が自炊をすることだと知っていても、ほとんど料理をしたことない人がいきなり自炊を始めることは難しいかもしれません。

自炊を増やしたほうがはげ対策には良いのですが、外食やコンビニ弁当を買う場合は野菜をプラスするようにして下さい。

コンビニ弁当や外食メニューの多くは肉などの主菜の割合が多く副菜が足りないので、野菜をプラスして副菜を増やすことが大切です。

ステーキを頼んだ場合に、フライドポテトやオニオンリングなどのトッピングを野菜としてカウントする人もいますが、油っぽい副菜の場合は、別に野菜を注文するようにしましょう。

食事のリズム一定にする

はげ対策には規則正しい食事時間

薄毛対策にいい食事をするためには、食事のリズムを一定にすることも大切です。

薄毛対策と食事のリズムは一見関係のないことのように思えますが、決まったリズムで食事をすることで、消化吸収がスムーズにおこなわれるようになり、必要な栄養素を体に取り込みやすくなります。

例えば、決まったリズムで食事をするだけで、これまで便秘であった人も決まった時間に排便が起こることが期待できます。

排便で体に不要な老廃物をしっかりと出すことで腸内環境が整い、栄養が全身にまわりやすくなります。

寝る直前の食事は控えて

はげ対策には夜遅い食事はだめ

寝る直前に食事を取らないことも大切です。

寝ている時は髪の毛を生成する成長ホルモンが多く分泌されるのですが、寝る直前に食事を取ると、消化器系がフルに活動をしてしまうため、髪の毛の生成活動が鈍ってしまいます。

また、フルに活動をするために多くの栄養が必要となるため、髪の生成に必要な栄養が不足をする可能性もあるのです。

PR