妊娠中に烏龍茶って飲んでいい?気になる妊娠中のカフェインのこと

妊娠中に烏龍茶って飲んでいい?気になる妊娠中のカフェインのこと

妊娠中に烏龍茶は厳禁なのでしょうか?妊娠中はコーヒーや紅茶にはカフェインが含まれているので、あまり摂取しない方がいいと言われていますが、烏龍茶は飲んでも問題はないのでしょうか? また烏龍茶には、カフェインはどのくらい含まれているのでしょうか?

えっ?妊娠中に烏龍茶ってもしかしてNGだったの?

pregnant-214522_640

妊娠中に烏龍茶は飲んではいけないのでしょうか?

食事をするときに、お茶を一緒に飲む方も多いことでしょう。食事の時のお茶としてよく飲まれるのが、緑茶やほうじ茶、烏龍茶が一般的なのではないでしょうか。

普段飲むお茶なので、何も考えず、妊娠前と同じように飲んでいる方も多いかもしれません。

そもそも烏龍茶のカフェイン量ってどのくらいなの?

烏龍茶のカフェインの量はいったいどのくらいあるのでしょうか?

烏龍茶のカフェインの量は150ミリリットルあたり30ミリグラムあります。

ちなみにお茶の高級品とされる玉露の場合だと、同じ150ミリリットルあたりで、なんと150ミリグラムもあり、烏龍茶の約5倍の量です。

ecaf90a4b23ebeb83e048ef91d792752_s
よく妊娠中は、ほうじ茶や麦茶がカフェインが少ないので飲むといいと言われていますが、なんとほうじ茶のカフェイン量は150ミリリットルあたり30ミリグラムで烏龍茶とまったく変わらないのです!

麦茶の場合はノンカフェインであるため、まったく気にせず飲むことができます。

麦茶は乳幼児の飲み物として飲まれたり、夏場のお茶としてよく飲まれていますよね。お茶に含まれるカフェイン量が心配であるのならば、妊娠中は麦茶にしましょう。

コーヒーを飲むのであれば、一日1杯か2杯までなら許容範囲。

ちなみにコーヒーのカフェイン量ですが、濃く煮だしたエスプレッソ50mlの場合だと140ミリグラム、ドリップタイプのコーヒーだと、150mlで135ミリグラム、インスタントコーヒーの場合は150mlミリグラムで68ミリグラムあります。

家庭でインスタントコーヒーを一日2杯飲んだとするならば、136ミリグラムのカフェインを摂取することになります。

つまり一日に飲める烏龍茶はコップで4杯半までということです。

妊娠中はあまりカフェインを取っちゃダメ?!

coffee-691464_640

カフェインは妊娠中取り過ぎるといけないとよく言われますが、何故いけないのでしょうか?

赤ちゃんはカフェインをうまく排出できない

カフェインをママが取ることによって、そのカフェインの成分が胎盤を通して、おなかの赤ちゃんにまで伝わっていきます。

おなかの赤ちゃんはまだ肝臓の機能がこれから出来てくるときであるため、摂取してしまったカフェインを体外へうまく排出することができないのです。

赤ちゃんにとっては有毒なカフェインが、ママが摂取するたびに赤ちゃんの身体の中に溜まり続けていくことになるのです。

赤ちゃんに栄養が届きずらくなる?!

またカフェインには、血管を縮ませてしまう弊害があるため、ママが食事で取った栄養分や胎盤を通し酸素がうまく送られなくなってしまうこともあります。

またカフェインには、カルシウムを外に出してしまう働きがあり、鉄分の吸収を邪魔する場合もあるため、母体や胎児が貧血状態になることもあります。

何事も過度な摂取がNG×

woman-601568_640

これまでカフェインを含んだお茶やコーヒー、紅茶などをよく飲んでいたママは、全く飲まないというのでは逆にストレスがたまってしまうので、コーヒーなら1日2杯まで飲むことは許されます。

許容範囲内で、ティーブレイクを楽しみましょう。

PR