超ショック!妊娠初期でカンジダ!?でも常在菌なので誰でもなる確率が高いんです!

超ショック!妊娠初期でカンジダ!?でも常在菌なので誰でもなる確率が高いんです!

妊娠初期でカンジダと診断される妊婦は意外と多いので心配はありません。 妊娠初期の頃は、身体の免疫力が低下している時期であるため、実はこの時期かかりやすいのです。 また放置しておくと、感染が広がるので、かゆみも酷くなるので早めに受診しましょう。

妊娠初期でカンジダ! 意外に多いんですこれが!

待望の赤ちゃんができてやったー!!

と思っていたら、お医者様から、カンジダになっていることを告げられ、大ショックを受ける妊婦さんも実はたくさんいるんです。

girl-416436_640
妊娠初期でカンジダだと、ちょっと恥ずかしい病気にかかってしまったようで、いや~な気分になってしまいますよね。

しかし、カンジダは常在菌であるため、誰でもかかってしまう可能性があります。きちんと、直しておかないと、産道を通る時、生まれたばかりの赤ちゃんがかかってしまう恐れもあるので、しっかりと治しておきましょう。初期だったから、ラッキーだと思えばいいんです。

一度カンジダに感染すると、妊娠期間中何度も繰り返しかかってしまうこともあるので、妊婦健診は規定の回数だけは必ず受けておきましょう。

pregnancy-644071_640

カンジダってどうしてかかるの?

膣に出来てしまうカンジダは、カンジダという菌が膣内で繁殖することによってかかってしまいます。

人間の身体の表面にいる常在菌なので、普段健康な方でも、ちょっと風邪気味だったり、体調が悪いだけでもかかってしまいます。特に妊娠中は免疫力が下がっているので、普段よりもかかりやすいのです。

また、男性の場合よりも女性の方がかかりやすい傾向があります。その理由は、女性の性器が内側に形成されているため、湿った状態であるため、菌が増殖してしまう環境だからです。

stockings-428601_640
ストッキングやナイロン製の下着をつけている方は、妊娠初期のカンジダに感染しないように、通気性のよい下着を身につけたり、ストッキングをはくのをやめたりするといいでしょう。

またビタミンが不足すると、免疫力が下がってきてしまうので、普段から果物や野菜からビタミンを取っておくとかかりにくくなりますよ。

どんな治療をするの?

気になる治療方法ですが、専門の軟膏を塗ったり、膣の中の菌を洗い流したり、膣座薬を入れる方法が取られることが一般です。

産婦人科では、膣カンジダが見つかった場合に、ほとんどの場合、一週間ほど効果が持続する膣座薬を入れて治療が終わるケースがほとんどです。

免疫力が低下する他にも、ストレスなどが原因で感染することもあるので、カンジダにかかりやすい方は、妊娠期間中は通気性の下着を身につけたり、またおりものなども妊娠期間中多くなるので、下着を何度も取りかえる必要があります。

仕事をされている方だと、朝から夕方までストッキングを穿いている方も多いかもしれません。蒸れると膣カンジダになりやすいので、なるべくならストッキングはやめて、靴下をはくのがベストと言えます。

夏場は蒸れやすいので注意を!

カンジダにかかりやすい時期があります。それは、夏場です。

夏場は特に、下半身も蒸れやすくなってしまうので、何度もかかりやすい方は注意をしましょう。

woman-506120_640

市販薬よりも病院で処方しましょう

膣カンジダ専用の市販薬も販売されいますが、妊娠中カンジダにかかってしまったら、自分で市販薬で治すよりも、定期健診を受けている病院で治療してもらった方がいいでしょう。

もし、妊娠期間中に何度か感染してしまっても、症状に合わせた治療や妊娠月数に合わせた治療を受けることが出来るからです。

PR