妊娠初期の残尿感はなぜ起こる? 原因と対処法をご紹介します!

妊娠初期の残尿感はなぜ起こる? 原因と対処法をご紹介します!

妊娠中、身体にはさまざまな変化があらわれます。妊婦さんの中には、妊娠初期の残尿感や頻尿の悩みを抱える人も多くいます。このような症状はなぜ起こるのでしょうか? また、トイレを我慢してしまうと、どのようなトラブルに繋がってしまうのでしょうか? 対処法とあわせてご紹介します。

妊娠初期の残尿感はなぜ起こる?

110610

妊娠初期にはさまざまな変化が身体にあらわれ、特にはじめての妊娠の時は、これは正常なのか? とつい不安になってしまいますよね。

妊婦さんの中には、妊娠初期の残尿感や頻尿の悩みを抱えている人も多くいます。尿意と残尿感のくり返しで、多い人だと1時間に1回以上、トイレに行きたくなってしまう人もいるそうです。

では、なぜ、このようなことが起こるのでしょうか?

特に働いている女性は大変。通勤中やミーティング中など、トイレに行きたくても行けない時、本当に困ってしまいます。

妊娠初期に残尿感や頻尿が起こるのには、2つ原因があります。

①膀胱が圧迫される

1つ目の原因は子宮が大きくなっていき、膀胱が圧迫される、ということです。

妊娠初期は、子宮がまだ骨盤内にあるので、大きくなっていくにしたがって、周辺の膀胱や尿路を圧迫してしまいます。

②腎臓の機能が活発化する

2つ目の原因は妊娠すると腎臓の機能が活発化して尿がたくさん作られるため、頻尿になってしまうということです。つまり、赤ちゃんが順調に育っている、妊娠初期の正常な生理反応なのです。

妊娠期間中ずっと続くことではないですが、トイレの悩みは本当に辛いですよね。

残尿感を軽減する対処法は?

身体を冷やすことは、マタニティライフの大敵です!

残尿感や頻尿は、妊娠初期の生理現象としてある程度は我慢しなくてはいけませんが、できれば少しでも軽減したいですよね。

トイレのことばかり考えてストレスを感じたり、トイレで何度も起きて睡眠不足になるのは、妊娠中の体調として望ましくありません。

頻尿が嫌だからといって水分をあまり摂らない、というのはよくありません。例えば下半身を冷やさないようにして、冷たい飲み物は避け、常温や温かい飲み物を飲むようにするとトイレに行く回数を減らすことができます。

また、トイレに行く前に少しの間前かがみの姿勢をとると、膀胱に尿が残りにくくなります。

問題解決!とはいきませんが、少しでも快適にマタニティライフを送れるよう、いろいろと工夫をしてみましょう。

我慢すると、こんなトラブルに!?

medical-563427_640

頻尿の悩みで怖いのが、無理にトイレを我慢して膀胱炎になってしまうことです。

トイレを我慢すると、膀胱に長時間尿がたまっている状態になり細菌が繁殖しやすくなります。また、残尿感がある場合も同様でこれが膀胱炎になる原因です。

万が一膀胱炎になってしまったら、すぐにかかりつけの産婦人科に相談をしましょう。妊娠中は薬の服用が不安ですが、産婦人科で相談すれば服用して問題ない薬や漢方薬を処方してくれます。くれぐれも自分の判断で市販の膀胱炎の薬などを使わないようにしましょう。

膀胱炎はしっかり治療しないとくり返してしまう恐れがあります。出産後も、悩み続けないようにきちんと治しましょう。

PR