妊娠8ヶ月の胎動が激しい?!赤ちゃんに関する不安を解決!

妊娠8ヶ月の胎動が激しい?!赤ちゃんに関する不安を解決!

妊娠8ヶ月の胎動が激しい場合、あまりにも元気すぎて心配になってしまうのではないでしょうか?今回は、赤ちゃんの胎動が激しくなる原因についてまとめました。また、赤ちゃんの胎動が激しくて寝れない時の対策も紹介します。

妊娠8ヶ月は胎動が激しく感じられる

妊娠5ヶ月から6ヶ月になると、胎動を感じられるようになります。胎動が感じられるようになると、これまで以上に妊娠している実感が湧くのではないでしょうか?

赤ちゃんの胎動は、性格を表すとも言われています。赤ちゃんが穏やかな性格なら胎動もそれほど強くなく、活発な性格なら胎動が激しくなるそうです。

そのため、胎動が頻繁に感じられなくても、それほど心配する必要はありません。

妊娠8カ月の激しい胎動に悩むママは多い?!

妊娠8ヶ月の胎動が激しいことで悩んでいる妊婦さんも少なくありません。

妊娠8ヶ月にもなると赤ちゃんは激しく動き回るようになります。赤ちゃんの動きには、ローリング・キッキング・しゃっくり様運動・呼吸様運動などがあります。

ローリングは体を回転する動き、キッキングは手足の曲げ伸ばしなどの動きです。しゃっくり様運動とは赤ちゃんがしゃっくりのような動きをすることで、胎動としてハッキリと感じることができます。呼吸様運動は腹式呼吸のような動きのことです。

また、胎動として感じることはありませんが、目を動かす・あくびをするなど、赤ちゃんはママのお腹の中で様々な動きをしています。

妊娠8ヶ月頃に胎動が激しく感じられるのは、赤ちゃんが成長している証拠です。8ヶ月にもなると赤ちゃんは強い力で動き回ります。

また、この頃の赤ちゃんは起きていることが増えるのです。お腹の中の赤ちゃんが起きている時間が長ければ長いほど、胎動を感じる時間も長くなります。

胎動が激しくて眠れない…胎動が激しいときの対策

107309

 

妊娠8ヶ月の胎動が激しい場合によくあるトラブルが、睡眠不足です。妊娠中は常に眠いのに、胎動によって睡眠不足となり更に眠気を感じてしまいます。

夜寝ようとすると胎動が激しくなって、ついイライラしてしまうこともあるかも知れません。そんな時の対策を紹介します。

◆お腹の中の赤ちゃんの生活時間に合わせよう

対策としては、赤ちゃんが大人しいときに一緒に休むことが効果的です。

赤ちゃんは寝たり起きたりを繰り返しています。もちろん寝ている時には胎動を感じることは無いため、ママは赤ちゃんが大人しいときを見計らって睡眠をとりましょう。

夜に無理矢理寝ようと思うとストレスが溜まってしまうので、足りない睡眠はお昼寝で補いましょう。

◆身体をゆっくり温めよう

e4d15243f58c478fd07d5d8ce7c0066a_s

睡眠不足を解消するためには、お風呂でゆっくりと体を温めることもおすすめです。

妊娠中は冷えが大敵です。冷えによって胎動が激しくなるとも言われているため、お風呂でじっくりと体を温めて眠りにつきましょう。

また、お風呂に入ることによって気分もスッキリし、胎動によるストレスも発散できます。

妊娠後期の睡眠不足にはこれも効果的!

◆寝る姿勢を変えてみよう!

妊娠後期の睡眠不足は、寝る姿勢が原因となることもあります。

お腹が大きくなるとうつ伏せや仰向けで寝ることができなくなるため、体が自由に動かせないストレスから睡眠不足になってしまいます。その状態でさらに激しい胎動があると、余計にイライラが増してしまうのです。

そんな時の対策として役立つのが、抱き枕です。多くの妊婦さんが抱き枕を使うことによって睡眠不足の悩みを解消しています。妊婦さんのために作られた抱き枕もあるので、ぜひ使用してみて下さい。

赤ちゃんに会えるまであと少し!妊娠時期を満喫しましょう

8847668a7f3828f3af1e3d4d8f1bf5f7_s

赤ちゃんがお腹の中にいてくれる時間はあと少しだけです。そう思うと、激しい胎動も愛おしく感じませんか?

胎動はママだけが感じられる特権です。今しか味わうことのできない胎動を十分に味わってください。

 

PR