妊娠初期にゴルフは危険!妊娠中に控えたいスポーツについて

妊娠初期にゴルフは危険!妊娠中に控えたいスポーツについて

妊娠初期にゴルフをすることはおすすめできません。そのため、ゴルフにハマっていても妊娠が発覚したらゴルフはやめましょう。また、妊娠中はゴルフだけでなく様々なスポーツが禁止されています。控えた方が良いスポーツと、その理由についてまとめました。

妊娠初期は大切な時期

妊娠初期は、妊娠中の中でも最もトラブルの起こりやすい不安定な時期です。

妊娠中に最も恐れている流産のほとんども、妊娠初期に起こるとされています。そのため、妊娠初期は何よりも大切な時期なのです。

この時期は、お腹の中にいる赤ちゃんを1番に優先し、様々なことを我慢しなければなりません。

妊娠初期にゴルフはダメ?

93b3582339688b33a67e154876a0c787_s

ここ最近、若い女性の間でゴルフが人気となっています。ゴルフのスコアを上げるために、ゴルフスクールに通っている女性も少なくありません。

しかし、妊娠初期にゴルフをすることはおすすめできません。

ゴルフは他のスポーツと比べて体を激しく動かすことがないため、妊娠中でも問題ないと考えている人も多いようです。では、なぜ妊娠初期にゴルフをしてはいけないのでしょうか?

◆身体への負担が大きい

妊娠初期にゴルフが禁止されている理由は、体への負担が大きいためです。

ゴルフは一見体力を使わないように見えますが、腰を大きくひねることは胎児に悪影響を与えます。また、急激に力を加える運動も、妊娠中の体には大きな負担となってしまうのです。

そのため、いくら体力を使わないスポーツでも、体への負担を考えて避けることが望ましいのです。

◆スコアがストレスに

更に、妊娠初期にゴルフをすることは、精神面でもおすすめできません。

ゴルフに限らず、妊婦にとって勝ち負けがストレスの原因となるためで、勝ち負けを競うスポーツは妊娠中に適しているとは言えません。

妊娠中は、ただでさえストレスを感じやすくなっていますので、穏やかな気持ちで過ごすためにはスポーツは控えたほうが良いでしょう

妊娠中のスポーツについて

妊娠初期は、ゴルフに限らずスポーツ全般を控えるべきです。

妊娠するとストレスが溜まりやすくなり、スポーツでストレスを発散したくなる人も居るかも知れません。そんな時は、お腹の中にいる赤ちゃんのことを考えて、他のストレス発散方法を選びましょう。

もし妊娠中にスポーツを行うのであれば、安定期に入ってから医師と相談して行いましょう。

妊娠中の適度なスポーツは、出産のための体力作りや過度の体重増加を防ぐのに効果的です。ただし、安定期に入ってもゴルフは禁止されています。

数年前に話題になったのが、プロゴルファーの東尾理子さんがブログにアップした臨月でゴルフをする画像です。この画像を見て、妊娠中にゴルフをしても良いと解釈する人も居たかもしれません。

しかし、東尾理子さんはあくまでもプロゴルファーであり、医師と相談のうえ行っています。そのため、基本的には妊娠中のゴルフはNGです。

◆ウォーキングなど適度な運動が◎

094448

安定期に入って運動を始めるなら、ウォーキングがおすすめです。天気の良い日に外出することで、良い気分転換にもなります。

また、「マタニティー」と付いているスポーツも妊婦さんにおすすめのスポーツです。マタニティーヨガ・マタニティービクス・マタニティースイミングなど最近では妊婦さんのためのスポーツが増えています。

これらのスポーツは、体調を見ながら積極的にチャレンジしたいですね。

PR