妊婦はエビを食べてもいいの?妊娠中に気になる食べ物の不安

妊婦はエビを食べてもいいの?妊娠中に気になる食べ物の不安

妊婦はエビを食べても良いの?そんな疑問を抱えている妊婦さんは少なくないはずです。妊娠中は、あまり食べない方が良いとされる食品がいくつかあります。その中には魚介類も多く含まれているため、エビに関して不安に感じる気持ちも分かります。では、実際に妊婦はエビを食べても大丈夫なのでしょうか?

妊婦は魚介類に注意が必要!

ab4ce5306f217e12d4e2934bd22329e2_s

妊娠中は胎児のことを考えて、口にするものを慎重に選ばなければなりません。特に魚介類は多くの妊婦が避けていますよね。

しかし、魚介類好きの人にとって妊娠したからと言って我慢するのはとても大変。それに、魚介類を全く食べないのも栄養が偏ってしまいます。

では、妊婦が魚介類を食べることで心配されている胎児への影響とは?

魚介類に関する不安としてまず挙げられるのが、水銀です。

妊婦が水銀を多く摂取してしまうと、胎児に知覚異常が表れやすくなると言われています。そのため、妊娠中は水銀が含まれている魚はあまりおすすめできません。

特に注意したいのが、マグロや金目鯛です。インドマグロ、黒マグロ、めばちマグロには水銀が多く含まれています。

気軽に食べそうになるツナ缶こそ注意が必要

妊婦が注意したい食品として、ツナ缶が挙げられます。

ツナ缶はアレンジしやすいため、多くの家庭で料理に使われています。しかし、ツナ缶のほとんどはマグロからできているため、水銀の摂り過ぎが心配されているのです。

意外と見落としがちですが、妊娠したら注意しましょう。

ダイオキシンも危険

発がん性物質として知られるダイオキシンも、妊娠中に注意したいものの1つです。ダイオキシンは魚にも含まれており、特にサバやコハダ、ブリ、スズキは注意が必要です。

妊婦がダイオキシンを多く摂取すると、発がん性だけでなく赤ちゃんに生殖障害や奇形が表れやすくなります。

さて本題!妊婦はエビを食べても良いの?

b36cae56563dff235410adc1c1108b86_s

妊娠中の食事の不安としては、アレルギーも挙げられます。

赤ちゃんがアレルギーにならないために、アレルギーが起こりやすい食品を避ける妊婦も少なくありません。我が子がアレルギーにならないためにと考えるのは母親として当然の気持ちです。

しかし、実際には妊娠中のママの食事と赤ちゃんのアレルギーにはそれほど深い関係は無いと言われています。そのため、それほど神経質になる必要はありません。

ただし、ママがアレルギーを持つ食品は無理に食べることは止めましょう。ママがアレルギーで苦しんでいる時は、胎児も同じく苦しんでいるのです。

一般的にアレルギー反応が出やすいと言われているエビも、妊婦が食べても問題はありません。しかし、いくつか注意点があります。

まず、加熱してから食べること

妊婦は、エビに限らず魚介類を生で食べることを避けるべきです。生の魚介類には細菌が多く、妊婦の場合は細菌感染の危険性が高まります。このようなトラブルを避けるためにも、加熱は絶対条件となります。

また、下ごしらえを徹底することも忘れてはいけません。

エビの場合はよく洗い、はらわたをしっかりと取り除きましょう。下ごしらえを徹底することで、エビに付着したサルモネラ菌を除去することができます。

そして、なるべく新鮮なものを選ぶことです。妊婦は、胎児のことを考えて、常に新鮮なものだけを口にするように心がけたいですね。

妊娠中は食材をバランスよく!食べ過ぎは×

2eeaa1d9f421041282953b5c4598babf_s

妊婦はエビに限らず、どの食品も食べ過ぎは禁物です。様々な食品を少しづつ食べるようにしましょう。

栄養の偏りは妊婦の体にも胎児にも悪影響を及ぼすため、栄養バランスを考えた食事を心がけたいですね。

妊娠中は、様々な不安があって当然です。心配な場合は主治医に相談してみることをお勧めします。

 

 

PR