お腹パンパンになった時に試したい、お腹の張りの解消方法。

お腹パンパンになった時に試したい、お腹の張りの解消方法。

お腹パンパンの状態は、なんだか苦しくて不快なうえに、ポッコリと出てしまったお腹は見た目もよくないですから、できるだけ早く解消したいものですね。お腹パンパンをできるだけ早く解消する方法と、お腹パンパンにならないように普段から気を付けておきたいことを紹介します。

お腹パンパン状態の解消には、まずマッサージ。

お腹パンパンの原因はガス?

お腹の中にたまってしまったガス

お腹パンパンの原因は、お腹の中にたまってしまったガスであることが多いもの。

このガスは、腸の中にある老廃物ですから、お腹にためたままにしておくと、お腹の血管や神経を圧迫して、腸の働きを弱めてしまったり、腸内の悪玉菌を増やしてしまい、便秘を引き起こすだけでなく、さらに慢性化させることにもなりかねません。

お腹にたまったガスは、できるだけ早く出してしまう方が、身体のためにもいいのです。

お腹にたまったガスを抜く方法。

お腹パンパンになってしまっているとき、ガスが出ればスーッとお腹の張りがとれて楽になるものですよね。お腹パンパンの原因はガスであることがほとんどですから、マッサージでガスを出す方法を試してみましょう。

とはいうものの、ガスはどこで出しても大丈夫というわけにはいきませんから、腸の動きが活発になる朝の寝起きタイムにベッドの上で行うお腹のマッサージを習慣にしましょう。

マッサージ方法は、まず仰向けになって膝を立て、右の骨盤の上→右の肋骨の下→左の肋骨の下→左の骨盤の上→ぼうこうの上、の順番で親指を除いた指4本でゆっくりと圧迫するように押します。

このとき、息は止めずにできれば腹式呼吸を行うようにしましょう。

このマッサージを5周分行った後は、うつ伏せになり膝を曲げて、かかとでお尻をたたくように足を動かします。

また、仰向けに寝た状態で膝を曲げて、膝を胸につけるようにゆっくりと引き上げる運動も、腸につながる筋肉を刺激することになりますから、腸の働きを促すためには有効です。

立った姿勢で行うのであれば、膝を曲げて膝を体に引き寄せるように、高く上げる運動を行いましょう。

お腹がスッキリ

これを毎朝行うことで、朝の時間にガスをまとめて出すことができると同時に、つらい便秘の解消にもつながります。

朝のうちに、お腹がスッキリとすれば、一日中爽快な気分で過ごすことができそうですね。

お腹パンパンにならないために気を付けたいこと。

お腹パンパンにならない食生活とは。

お腹パンパンにならない食生活

基本的なことですが、まず大切なのは規則正しい食生活。暴飲暴食は腸内環境を悪化させるだけですから、しないようにしましょう。

よく知られていることですが、食物繊維の多い食事や、ヨーグルトや納豆などの発酵食品は、腸内環境をよくしてくれますから積極的に摂るようにしたいものです。

逆に、脂肪分の多い食事や冷たい飲み物、コーヒーやアルコールの過剰摂取はできるだけ控えた方がいいでしょう。

身体を動かすことも大切。

座りっぱなしの生活では腸の働きも悪くなりがちですから、腸の働きをよくするためには身体を動かすことも大切です。ウォーキングなど軽い運動でも構いませんから、身体を動かすことを意識して行いましょう。

また、胃腸の働きをコントロールしているのは自律神経ですから、睡眠不足やストレスなどが原因で胃腸の働きが悪くなってしまい、お腹パンパンになってしまったり、便秘になってしまったり、逆に下痢を引き起こすこともあります。

規則正しい生活と適切な気分転換を行うことも、お腹の調子を整えるためには大切であることを覚えておきましょう。

PR