走るより早歩きの方がダイエットを続けられるってほんと?

走るより早歩きの方がダイエットを続けられるってほんと?

走るより早歩きをするダイエットの方が、ダイエットを続けることができやすいことをご存知ですか?走るジョギングダイエットと早歩きダイエットを比較して、走るより早歩きダイエットの方が続けられる理由についてご紹介しましょう。

ジョギングダイエット VS 早歩きダイエット

走るより早歩きをするダイエットの方が続けられるダイエットだということを知っていますか?

どうして走るよりも早歩きの方が継続できるのか、その理由についてご紹介しましょう。

ジョギングダイエットのメリットとデメリット

ジョギングダイエットのメリットとデメリット

【ジョギングダイエットのメリット】

ジョギングダイエットのメリットは、早歩きダイエットよりもカロリーを多く消化できる点です。

また、ジョギングダイエットは、体の筋力を鍛えることができる点もメリットといえるでしょう。

息を吸ったり吐いたりを繰り返しながらジョギングをするため、心肺能力を鍛えることもできます。

【ジョギングダイエットのデメリット】

ジョギングダイエットのデメリットは、走るということに慣れていない場合、精神的な負担がきつくなります。

普段から運動をしていない人にとっては、5キロや10キロ走るということは容易ではないでしょう。

また、ジョギングダイエットを1日すると、翌日や翌々日に筋肉痛がやってきます。膝や足首に痛みを生じる場合もあり、肉体面でも負担が大きいと言えるでしょう。

早歩きダイエットのメリットとデメリット

早歩きダイエットのメリットとデメリット

【早歩きダイエットのメリット】

早歩きダイエットは、普段の歩くスピードよりも少し早めに歩くだけでよいため、メンタル面での負担が少なくてすみます。

よって、運動をすることに不慣れな方の場合でも、負担をあまり感じることなく早歩きダイエットをすることができるでしょう。

また、走ると急に筋肉を収縮させることがあるため、怪我や体の不調を訴えやすいですが、早歩きダイエットの場合はそのようなことが少ないのもメリットです。

誰でも始めることができ、ジョギングに比べて楽なので継続をすることが容易なのも良いですね。

【早歩きダイエットのデメリット】

ジョギングダイエットと比べて、早歩きダイエットで痩せるためには、体重を落とすまでに時間が掛かってしまうことがデメリットです。

また、ダイエットをしようと思うと、距離を長く歩く必要があることも、マイナス面といえるでしょう。

走るより早歩きダイエットが良い人とは?

ジョギングダイエットよりも、早歩きダイエットが良い人は、体力がなかったり、運動をあまりしてこなかった人と言えます。

色々なスポーツをやっていて、体力に自信がある方であれば、ジョギングダイエットを続けることができますが、そうではない場合、精神的にも肉体的にも負担の大きいジョギングダイエットはおすすめしません。

運動をあまりしてこなかったという方は、早歩きダイエットの方が継続しやすいです。

早歩きダイエットは、歩く速さを自分で調整することができます。最初はゆっくりと、慣れてきたらスピードアップをして、ダイエットを続けることができるでしょう。

ダイエット効果をUP↗ 早歩きダイエットのコツ

早歩きダイエットのコツ
やせる効果を上げるための、早歩きダイエットのコツについてご紹介しましょう。

早歩きダイエットをするときは、姿勢を正して胸を張って歩くようにしましょう。また、ふくらはぎにも力が入ると思うので、今そこの筋肉を使っているということを意識して行うとダイエット効果がアップします。

また、ウォーキングダイエットをする時は、踏み出す時は親指で、着地はかかとに注意して行いましょう。

腕を振ってひじを90度に曲げて歩くこともポイントです。

PR