握りこぶしでふくらはぎマッサージすればスッキリと細い足になれます

握りこぶしでふくらはぎマッサージすればスッキリと細い足になれます

握りこぶしでふくらはぎマッサージをしてみませんか。ふくらはぎには、大きな筋肉があります。腓腹筋という筋肉なのですが、この筋肉は、下半身の血流をよくしてくれる効果があり、第二の心臓とも言われています。ふくらはぎをこぶしでマッサージすることにより血流が改善されるので美脚になれます。

握りこぶしでふくらはぎマッサージとは?

ふくらはぎを刺激することで足がスッキリします

ふくらはぎを刺激することで足がスッキリします

握りこぶしでふくらはぎマッサージすると、足に溜まった老廃物が排出されるため、スッキリとした足になれます。

ふくらはぎの内側部分は、なかなか脂肪が落ちにくい場所でもあるので、しっかりとマッサージすれば、足が細くなります。またマッサージを続けることによって、全身の血行がよくなります。冷え性などの体質改善もできます。

ふくらはぎは第二の心臓とも言われています

ふくらはぎは第二の心臓とも言われています

ふくらはぎには、下半身の血流が、溜まりやすい場所でもあります。

腓腹筋という大きな筋肉が使われており、ふくらはぎを刺激することによって下半身の血液を、上半身に送り出すことができるのです。

ふくらはぎの血流の流れがよければ、足に老廃物や水分が溜まることもないため、スッキリとした足を保つことができるのです。

ふくらはぎの血流が悪いとどうなるの?

ふくらはぎの血流が悪いと足がむくみやすくなり、老廃物がたまりやすくなります。また基礎代謝率も落ちてしまうため、身体全体や特に、末端の手足が冷えやすくなってしまうのです。

リンパマッサージで美脚を目指しましょう

リンパを流すための下準備をしましょう

リンパを流すための下準備をしましょう

握りこぶしでふくらはぎマッサージを行うために、リンパを流すための下準備をしておきましょう。

下準備をしておくと、リンパの流れが、よくなります。鎖骨部分の骨の上を両手で、よくもみほぐしておきます。次に、脇の下ももみほぐしておきます。足の太ももの付け根もリンパの出口でもあるため、この部分も丁寧にもみほぐしておきましょう。

まずくるぶしの下にある足首のくぼみを親指で刺激しておきます。足首部分まで、両手でさすりながらほぐしていきます。次に足首からひざまでを、両手でしぼるようにしてもみほぐしておきます。下準備はこれで終わりです。

握りこぶしを作って、足首から膝までをマッサージ

握りこぶしを作って、足首から膝までをマッサージ

最初に足の指先から足首まで握りこぶしでマッサージしていきましょう。両手で握りこぶしを作って、力を入れて足首から膝をマッサージしましょう。

膝までマッサージしたら、両手の握りこぶしで膝の上をぐるぐると刺激するようにマッサージしましょう。膝の上の部分は老廃物や余分な水分が溜まりやすい部分でもあります。

またデスクワークや立ち仕事をされている方の場合、同じ姿勢を取り続けることで、血流が悪くなっている場所でもあります。もみほぐしてみると、血流がよくなり気持ちよく感じます。

生理中や妊娠中はやめておきましょう

握りこぶしマッサージは、生理中や妊娠中に行ってはいけません。また食後すぐに行ってもいけません。行うのであれば、食事を終えてから少なくとも30分経過してから行いましょう。

毎日行えばふくらはぎもサイズダウンします

マッサージは毎日、継続して行いましょう。

毎日行えば、スッキリとした細い足になれます。ふくらはぎの筋肉を刺激することによって、足のふくらはぎのサイズもダウンします。スカートをはいた時に、スタイルよく決まるので、オシャレが楽しみになることでしょう。

PR