大豆でダイエット!ソイプロテインダイエットの方法について

大豆でダイエット!ソイプロテインダイエットの方法について

ダイエットをしている方で、プロテインを飲んでいる方も多いと思います。今、飲んでいるプロテインは動物性ですか?植物性ですか?意外と知らないプロテインの成分ですが、女性には植物性のプロテインがお勧めです。今回は、大豆を使ったソイプロテインダイエットの方法を紹介したいと思います。

ソイプロテインダイエットの方法をご紹介!

2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s 女性 水を飲む

プロテインは知っていても、「ソイプロテイン」って?と思う方も多いかと思います。名前だけ見ると、ソイ=大豆なのですごく健康そうですよね。

そもそもプロテインとは、筋トレやジョギングなどのトレーニングに必要なたんぱく質の補給に必要なものになっていきます。そのプロテインは、動物性と植物性のものがあります。

動物性のプロテインに比べて植物性のプロテインは複合的な栄養価が高く、動物性のプロテインにはないイソフラボンに含まれる抗酸化作用が期待できます。

動物性のプロテインは筋肉の増量をしたい方におすすめで、植物性のプロテインは減量やダイエットをしたい方におすすめのものになります。筋肉の成長と回復を効果的にする場合は、植物性プロテインと動物性プロテインを合わせて体に取り入れることが良いと言われています。

プロテインの1日の摂取量は、女性は体重1キロに対して0.7から1グラムです。プロテインは、体のベースを整えるものです。むやみに飲んでもいけません。

また、ソイプロテインを飲んでいるからといって安心していてはいけません。今の食生活は大丈夫ですか? 乱れた食生活を改善し、ソイプロテインを飲んでダイエットをしていきましょう。

ソイプロテインを飲むタイミングは、起床後、ダイエットを行うとき、有酸素運動前です。

ソイプロテインはゆっくりと体内に吸収されていく特徴があります。持続性、脂肪燃焼効果も高いのでダイエットに適しているのです。

大豆はすごい!大豆の栄養素の効果

soybeans-182295_640

大豆には、基礎代謝の向上や抗酸化作用などの効果がある栄養素が含まれています。食物繊維も含まれるため腸内環境に良く、また腹持ちがよいため食事量を抑えられます。そのほか女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンによって美容効果が期待できます。

摂りすぎに注意?

よく「プロテインを飲んだら肝臓の機能が弱くなった」と誤解をされることがありますが、それはプロテインのせいではなく、もともと肉類などたんぱく質の摂りすぎの状態になっている場合が問題なのです。

たんぱく質の摂りすぎで肝臓の機能が弱っている状態で、さらに同じタンパク質であるプロテインを摂りすぎてしまうと肝臓がダメージを受けてしまう可能性があります。しかしそれは過剰摂取が問題で、プロテインが悪いわけではないのです。

なぜ、ソイプロテインのほうがいいの?

33f06ddbd26dca7ee575ff39c4e68a67_sレギンス運動

動物性のプロテインは、すばやく吸収して筋肉に変わってくれるのでスポーツ選手などが好んで飲んでいます。筋肉を大きくしたい方には動物性のプロテインがおすすめです。

「筋トレ」ではなく、ダイエットを目的として飲むのであれば植物性がおすすめです。ソイプロテインは、吸収されるのが遅く筋肉にはなりづらいけれど、代謝が活発になるので作られた筋肉は落ちにくいという特徴を持っています。

もともと日本人は大豆で作られた調味料である味噌や醤油、大豆を加工して作られた豆腐や油揚げなどを使った料理を日常的に食べてきましたが、最近では食生活が洋食化し摂取量は減りました。また脂質や炭水化物が多いファストフードやコンビニ弁当などの食事が増えています。

つまり現代の食生活は、ダイエットには向かない栄養バランスになりがちなのです。そのため、「ソイプロテイン」を上手に利用してダイエットに向いた栄養バランスを整えるようにしてみましょう。

ソイプロテインダイエットは手軽にできます。プロテインの種類はたくさんあるので、原材料にしっかり「大豆」が含まれているプロテインを探し、自分に合ったプロテインと運動で理想の体を手に入れましょう!

PR