意外と知らない乾燥肌の正しいスキンケア方法

意外と知らない乾燥肌の正しいスキンケア方法

乾燥肌の正しいスキンケア方法は洗顔と保湿の2ステップです。意外と知らない正しい洗顔の仕方と、保湿方法をまとめました。乾燥肌ケアに一番重要なのは実は水分でも油分でもなく○○剤です。その分類と使い分け方もお伝えします。

乾燥肌ケアの2ステップ

よくなったと思っても繰り返す乾燥肌よくなったと思っても繰り返す乾燥肌。体質や年齢のせいだと諦めていませんか。

実は乾燥肌には、化粧品メーカーでもなかなか教えてくれない2つの改善ポイントがあるのです。

それは、「洗顔」と「保湿」です。

「そんなの知っているわよ!」という声が聞こえてきますが、乾燥肌の正しいスキンケア方法を実施できている人は全体の半数もいません。

クレンジングは最小限に?

クレンジングは乾燥の大敵と、つい省いてしまったり付ける量を制限してはいませんか?

確かにクレンジングは肌に負担をかけるので、乾燥肌の人は注意が必要です。乾燥が酷い場合は、できればメイク自体を石鹸だけで落ちるメイクに替えて、クレンジングを省くことが出来ます。

しかし、しっかりメイクしてしまった場合は、それに合ったクレンジングをしましょう。

クレンジングに含まれる界面活性剤が肌に負担をかけるからとクレンジングの量を少なくしてはいけません。肌をこすってしまい、かえって乾燥を悪化させます。クレンジング剤は用法、用量を守ってください。

洗顔はとにかくこすらず

タオルで拭くときもこすらず、水分を抑えるように摩擦刺激は乾燥肌を悪化させます。洗顔料を固く泡立てて、泡だけで洗顔するようにしましょう。

水の温度が高すぎると乾燥肌の原因になるので、お湯ではなくぬるま湯か水で洗ってください。タオルで拭くときもこすらず、水分を抑えるようにしましょう。

乾燥肌の保湿で一番大事なのは水分でも油分でもない!

乾燥肌の保湿で一番大切なのは、水分でも油分でもありません。

肌にたっぷり水分を補っても水分保持能力の低下している乾燥肌の場合は、肌の水分を奪って蒸発してしまうだけで逆効果です。

水分に蓋をする乳液やクリームは効果的ですが、使いすぎるとこれも乾燥を招きます。

それでは乾燥肌の正しいスキンケア方法とは何でしょうか。

乾燥肌は保湿成分にこだわって

乾燥肌の保湿に必要な化粧品や医薬品の成分は、保湿剤です。保湿剤には水分を肌に取り込んだり、肌から水分を逃がさないようにする働きがあります。

多くの化粧品に含まれる多価アルコール類

多価アルコール類といってもいわゆるアルコールではありません。グリセリン、BG、ヒアルロン酸などの、化粧品に含まれる成分で、低刺激で水分保持の効果があります。

乾燥肌の基本のケアは保湿剤入りの化粧水と乳液などで水分を閉じ込めることです。化粧水と乳液を兼ねたオールインワン化粧品でもかまいません。

尿素入りクリーム、顔に塗っちゃダメ!?

より深刻な乾燥肌のために尿素入りクリームや医薬品などもあります。尿素は水分保持能力がとても高いのですが、諸刃の剣です。

尿素には角質をやわらげる効果もあります。ですから、角質の薄い顔などに使うと刺激が起きたり角質を取りすぎてかえって乾燥をひどくしてしまう可能性もあるのです。

尿素での保湿が向いているのは、肘や膝、手のひらや足などの角質が厚く乾燥のおきている部位です。

最強の保湿成分ヘパリン類似物質

病的に肌がガサガサになってしまったり赤黒くなってきたときにおすすめなのはヘパリン類似物質です。ヘパリン類似物質は肌を強く保湿し、血行を促進します。

ただしこちらは医薬品です。病的な乾燥で皮膚科を受診すると処方されるヒルロイドローションなどに含まれます。

市販薬として薬局で買えるものもあります。

保湿剤の使い分け方

保湿剤の使い分け方普段のお手入れには多価アルコール類入りの基礎化粧品、手足などの角質化してひびわれた乾燥には尿素入りクリーム、病的に乾燥してしまった場合はヘパリン類似物質と、使い分けることを乾燥肌の保湿ケアとしておすすめします。

PR